スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

ズボラでも続く!壁を使った開脚ストレッチで下半身痩せを目指せ!

ふくらはぎマッサージ方法をほぼ毎日やってる私。カッチカチのふくらはぎが今ではゆるゆる(タポタポ?^^;)になりましたよ~。

■脚のむくみとれました⇒ふくらはぎマッサージ方法

■ふくらはぎマッサージする前には、足指マッサージもおすすめ!
10分の足指マッサージで、冷え性もポカポカに!

マッサージでふくらはぎのむくみが取れると、足首のないゾウ脚ともおさらばになります。でも、もっと楽な方法をお探しのあなた!究極に楽ちんな方法を見つけました(笑)。

スポンサーリンク

下半身痩せには開脚ストレッチがオススメな理由

なんと!リンパや血流の流れをよくすると代謝がよくなるので、筋トレしなくても痩せられるそうです。とくに40代50代で気になってくる下半身太り

下半身痩せにも効果的なのが、開脚ストレッチなんですよ。開脚することで、太ももの内側の筋肉のストレッチ効果があがって太ももがスリムになりやすいのです。

でも、普通に床に座ってやる開脚って・・私の脚ってほとんど広がらないんですけど・・汗。私と同じような方も大丈夫!だって、重力効果でものすごーく脚が広がるんですよ。

その開脚ストレッチのコツは、壁を使って脚を広げるんです。綺麗に脚が広がって、股関節がほぐれるし内太ももがストレッチされて気持ち良いんですね。

 

壁を使った開脚ストレッチのやり方

やり方は、あお向けに寝て、できるだけ壁にお尻をくっつけて壁にそって脚を上げ、少しずつ脚を広げていきます。少し痛いかな?っていうくらい開きますよ。開いたら、そこで深呼吸をゆっくり10回ほどしながらキープします。
(壁にうまくお尻がつけられない人は、最初横向きに座ってからお尻をつけ、片方ずつ脚を上げるとよいですよ)

下半身痩せする方法

↑逆立ちではありません(笑)。寝転がって、脚だけあげています^^;これを徐々に、ちょい痛ぐらいまで開脚すると痛気持ち良いです。

 

ここで、お腹をへこましたい?

というあなたは、開脚をしたまま、手を頭の後ろで組んで腹筋するとよいです(おへそを見るように)。ポイントは「つらい」と思った回数+3回なので、がんばって(笑)。

 

ウエストのくびれをつくりたい?

というあなたは、壁に脚をつけたまま、閉じた脚を左右に振ります。
つま先はのばして、息をはきながらゆっくり行います。このとき、体は真上を向いたままにすると、ウエストにねじれが起こりますよね?これを左右往復5回程度。
脚を揃えたままだときつい場合は、片方の脚だけでもよいです。

ウエストのくびれを作る

↑ゆっくりと、右下までおろして、またゆっくりと今度は左まで持っていきます。これを繰り返します。

 

足首ストレッチ

これも、床に寝て、壁に脚を添えたままで、足首を伸ばしたり曲げたりします。これってけっこうきついんですよ~。最初は50回がやっとだったけど、今では100回やってます^^これだけでも、脚のむくみ解消になりますよ。

 

足首ヨガ2

今度は、

脚のむくみをとる方法

これを繰り返すのです♪

 

開脚ストレッチで脚が綺麗に見えるようになる

壁を使った開脚ストレッチは、朝起きた時に壁に向かったやるのもよし、夜寝る前にやるのもよし、あなたの生活スタイルに合わせてやるとよいですよね。要は、習慣になりやすいように継続しやすいように取り入れることが大切なのです。

開脚ストレッチは、代謝をよくするだけじゃなくって骨盤の位置も綺麗にしてくれるとか。骨盤の位置が正しくなると、脚が綺麗にみえますから、やらない手はないですよね^^ヨガモデルされている方も、こういった開脚ストレッチされているようです。綺麗な方の真似して、私たちも綺麗になりましょうね~。

こういった運動したあとに女性用プロテイン飲むの流行ってるみたい。やっぱキレイに痩せたいですからね。美容プロティンタンパクオトメ、美味しいです(笑)。

足上げてやるのは同じですが、こっちはストレッチではなく美容運動ですよ、息が上がるほどに効きます(笑)⇒エア自転車こぎと腸もみでマッサージ効果!自律神経整えて太もも鍛えるとこんないいことが・・

 

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。