スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

40代のメイク悩みを解決する4つのちょいテク

40代メイク、悩むことってなんですか?

地味すぎたり、古すぎるメイクだったり、若い子のメイクを真似ると今度は若すぎたり・・(汗)←私だけかしら?

ちょっとしたコツで若返る?プチテク、ご紹介♪

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

40代、子育てが一段落して、さあて「自分磨きしようかしら?」って思っても、なんだか時代についていけてない?って思ったり・・。

そんなときは、あなたの使ってるコスメを新しくするとマンネリメイクから脱出できますよ~。日々の生活に追われている主婦って、メイクはワンパターンになりがち。ちょっと前のコスメと最近のコスメ、流行りの色使いなどなど、断然違ってますから!

ところで、40代メイクのやり方でお悩みの多い項目。いくつかピックアップしてみました。あなたのメイクのやり方でのお悩み、ありませんか?

 

「ファンデーションが厚すぎ」と周りからチェックあり・・

ファンデの厚塗りは、古臭い印象に。しかもメイク崩れの原因になるそうです。お肌の隠したい部分は、コンシーラーや下地を使うのがよいみたい。

ファンデを厚塗りしないファンデーションの塗り方は、顔の中心から外に向かって。外側はぼかす程度でOKとのこと。ファンデを重ね塗りしないのがポイント。

 

アイラインにじみすぎ・・

アイラインのメイク前に、スキンケアの油分や皮脂をとってみて。綿棒やティッシュで軽くおさえるとよいですよ。それでもアイラインがにじむようなら、さらにパウダーが少量ついたパフで目元を軽くおさえるとアイラインがにじみにくくなるようです。

 

アイラインを使うと、老けた感じになるんだけど・・

アイラインで、目の周りを全部囲んでいませんか?
40代では、目元全部囲むと、シワが強調されてしまうようです。アイラインは、うわまつ毛の間を埋める感じ程度がおすすめ。

 

ビューラーを使ってもなかなかまつ毛がカールできない・・

ビューラーのゴムの部分にドライヤーを10秒程度当てます。
そうすると、けっこうまつ毛がカールしやすくなりますよ。ただし、ビューラーが熱くなっているので、そのまま使ったら、「熱っ!」ってなりました^^;まぶたがやけどしないように手で触って熱くないか確認してから使ってくださいね。

 

というわけで、40代に多いお悩み、4つの若返りメイクポイントでした。
ぜひぜひ、お試し気分でやってみてくださいね~。

↓↓40代若返りメイクのちょいポイント、楽しんでもらえたらクリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。