スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

「バナナで10歳若返り!」実践開始。神田うのも毎日食べてるバナナ、お肌にどういいの?

今朝から始めた、私の美肌方法ですが、どこにでも売ってる、ある栄養価の高い果物を食べること。

それは・・?

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

スポンサーリンク

そう、バナナを食べることです!

え!?バナナで美肌?って思いませんか?すでに知ってらっしゃる方も多いのかな?私は昨日知りました。

■この本を読んで⇒「バナナで10歳若返り! 見つけた!女性を美しくする果物」

まんまの本タイトルですが(汗)、見事に私のドツボにドンピシャリです(笑)。

 

バナナは栄養があることはずっと前から知ってたけど、高カロリーだと思ってました。太りたくないのでほとんど食べてませんでした。

でも、もともとバナナ自体は好きなので、食べることを正当化する理由が見つかったわけで、さっそく実行です!

この本には、バナナを食べると美肌になるという実験結果が載っていたのです。それは、21名の女性にバナナを4週間食べてもらうと、お肌の水分量や弾力が向上ししていたという、ホントかな?と疑うような結果が載っていました。

 

バナナは、走る前に食べるとすぐに栄養になるからいい、ぐらいにしか思っていませんでした。

でも、以下のような、アンチエイジング効果も期待できるみたいです。

 

・バナナにはオリゴ糖が含まれていて、綺麗になるための必須条件である腸内環境を良くし、便秘の改善にも役立つ。

・カロテンやビタミンCやB群が含まれているので、皮膚を健康・美肌へと導いてくれるなどの作用がある。

・バナナのスジには、抗酸化作用があるといわれているポリフェノールが含まれている。

・バナナには、カリウムがたっぷりなので、むくみ解消が期待できる。

・神田うのの美貌も毎日食べてるバナナのおかげ(らしい)

 

な、なんかすごくないですか?まあ、これら全部の効果をはっきり自覚できないとしても、試してみる価値はあるようです。しかも、バナナ一本のカロリーって、もっと高いかと思ってたのですが、86キロカロリー程度のようですね。
ご飯一杯が252キロカロリーで、ビターチョコ1箱で295キロカロリー、チーズケーキで350キロカロリーほどだそうですから、お腹がもの足りない時は、バナナ!って感じ?(笑)。

 

バナナで美肌になりたい

 

そういえば、義父さんが糖尿病で入院していたときに、毎日バナナが出ていました。そのときは、糖尿病なのに大丈夫?なんて思ってたんです。バナナのカロリーや栄養価、体への効果を考えると、バナナが病院食として出ていたのは、もっともなことだったのですね。

 

というわけで、バナナを朝だけ、もしくは朝と晩に食べるようにしようと思った超単純な私です。(体重を測りつつ、一日1本にするか2本にするか決めます・・)

 

■ショックな事実をくつがえすのだ!⇒私の肌年齢の検査結果

楽しみなことに、4週間後の私は、すっぴん美肌です(笑)。

↓↓「バナナで美肌を目指す!」を楽しんでもらえたら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。