スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

「美白化粧品」でシミやくすみが消えない理由

ある皮膚科医さんのデータで、シミの治療にきている
患者さんに「美白化粧品」でシミの改善ができたかの
質問した結果があります。

 

「効果がまったくなかった」9割
「少し効果があった」1割
「シミが消えた」0

の結果だったそうです。

 

少しでも効果があると、長く使いたくなりますが
これが問題です。

 

美白化粧品を使い続けると、シミやくすみが悪化する
おそれがあるんです。

 

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

スポンサーリンク

 

 

 

 

美白成分を肌に浸透させるためには、皮膚にもともと
備わっているバリア機能を破壊させる必要があります。

 

バリア機能を破壊させるために使われるのが、油やクリームで

その中には界面活性剤が使われています。

 

つまりは、美白成分と一緒に、界面活性剤もお肌に入ってしまう
可能性があるわけで、そうなると、炎症をおこすことも
でてきます。

 

肌に炎症が起これば、メラニンが増え、シミやくすみの
原因となるんですね。

 

結果、美白化粧品を使い続けて、シミやくすみがひどくなる
という可能性が出てくるそうです。

 

最近では、どれも美白、美白とうたったスキンケア用品ばかり。

 

どんなにシミやくすみに悩む女性が多いかが分かりますよね?
つまりは、美白成分配合、美白化粧品とすれば、売れるわけです。

 

でも、シミやくすみはいっこうに治らない。
だから、また新しい美白化粧品が発売されて、美容雑誌で
紹介されれば、それを購入して使う。

 

その繰り返しなのでは?

 

美白化粧品

 

と、偉そうなこと言ってるけど、私もいくつもの美白化粧品を
購入しています。

 

美白成分をうたったものって、普通のスキンケア化粧品より
ずっと高価ですよね?

 

それでも、シミの悩みが深いので、購入していました。

 

使い続けないとシミは薄くならないと、いわれて
いるけど、私の場合、気が短いので、すぐに
効果が見えないものは、リピート購入しません。

 

なので、今まで、何種類もの美白スキンケア用品を使用
しました。でも、シミには薄くならないし、減りもしていません。

 

それどころか、シミが濃くなり、増えています。

 

それで、また焦り、他の美白化粧品を試す、の繰り返しでした。

 

40代、加齢だから仕方ない、そう思っていました。

 

美白化粧品が、シミやくすみを悪化させる可能性があるなんて、

想像すらしなかったことです。

 

でも、自分の症状を見ても、そのとおり。
もう、「美白」とうたった商品には、手を出さないことにしました。
それが、お肌の健康のためだと、今は思っています。

 

↓↓「美白化粧品」の記事があなたの気付きになったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。