スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

クレンジングも乾燥肌や敏感肌になる原因に!?


お肌をキレイにしているはずのダブルクレンジング
これがお肌を乾燥肌やトラブル肌にしている原因だという
お話は以前してきました。

 

美容研究家や皮膚科医のお話に、そうあります。

肌の老化の原因は、「キュッキュッ」とするまで洗顔すること

 

そこで、私は、ミルククレンジングで化粧を落としして
洗顔料の使用をやめることにしました。

 

それで、だいぶお肌の乾燥はなくなっていたんですね。

 

これで、お肌に負担をかけていない、って思ってた私。
でも、それも間違いだったのです。

 

クレンジングこそが、お肌に負担をかけていたんです。

 

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

 

 

 

 

オイルクレンジングとミルククレンジングを比べると
ミルククレンジングのほうが、お肌に優しいとのことで
そちらを使用していました。

(それは、確かにそうだったんですけどね)

 

でも、もっと根本的なところで間違っていました。

 

無添加の純石鹸で顔を洗うと、お顔がつっぱったり
ガサガサになるので、石鹸にはグリセリンや油脂が加えられました。
そして、香りがよいほうが売れやすいでしょうから、
良い香りの香料も添加され、といったように

色んな添加物が加えられていったものが、

現在一般に売られている化粧石鹸ですね。

 

でも、石鹸は、添加物を配合すると洗浄力が弱まり、
それを補うために、クレンジングが考えられたようです。

 

そのクレンジングだけど、界面活性剤が使用されていますね。
(いわゆる乳化剤であり、オイルをクリーム状にするには、
必要な添加物のようです)
界面活性剤を使用しているので、洗浄力は強く、お化粧もよく落ちます。

 

そこで問題なのが、界面活性剤のお肌への影響。

 

界面活性剤は、皮脂を溶かしてしまうんだそうです。
よって、お肌から皮脂が消滅して、乾燥肌や敏感肌に
なってしまうわけです。

 

しかも、クレンジングは、肌に悪いので、しっかり石鹸で
落とす必要があるようです。
私はミルククレンジングで拭き取るだけだったので、
これもお肌に悪かったのです。

 

考えてみればそうですよね?
肌に油分を残すことで、油分は酸化をしてしまい、
肌の老化を招くことになるでしょうから。

 

せっせとお手入れに励む日本人女性に、乾燥肌が多いのは、

こういったことも原因だといわれています。

 

本来は、自分で保湿できるはずの肌が、自力で保湿できない状態と
なり、化粧水や乳液、クリーム、高級な美容液といった
スキンケア化粧品で、補わなずにはいられなくなるわけです。

(まさしく、以前の私の肌の状態です。どんどん肌は乾燥して

悪い状態になるので、どんどんとスキンケア化粧品が

増えていったのです・・汗)

 

というわけで、私は界面活性剤を使用したクレンジングを
使わないことにしました。

 

以前は、わたしの場合、ファンデーションは、

BBクリームのようなリキッドファンデーションのうえに

パウダーファンデーションを使っていました。

でも、今では、パウダーファンデーションのみです。

 

なぜなら、パウダーファンデーションなら、クレンジングを

使うこと無く、石鹸洗顔のみで落とせるからです。

 

○詳しくは、こちらで⇒お肌のキメをなくして乾燥肌になるファンデーション選びしていませんか?

メイク落としをするときに使用する石鹸は、洗浄力のある無添加の

純石鹸がおすすめですよ。

 

↓↓クレンジングの記事があなたの美肌作りのヒントになったら、クリックを!

アンチエイジング

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。