スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

50代のアイシャドーには輝きのある、今どきニュアンスカラーがおすすめな理由!


アイシャドーって使っていますか?

昔のアイシャドウというと、はっきりした色で目立つ印象でしたよね。でも、最近のアイシャドウって、色よりも輝きを重視するのが今どき

原色やはっきりした色ではなく、曖昧で微妙な色合いのニュアンスカラーを使うと、ナチュラルで綺麗に仕上がりますよ

痩せてきた目元をアイシャドーでふっくらさせるには?

私、20代30代のときは、アイライナーやマスカラを使うのが面倒だけど、目が細いのでクッキリさせたくて、ブラウン系のアイシャドウをアイライナー代わりに使っていました。

でも、50代になった今は、アイシャドーはもっぱらベージュ系やシャンパンゴールドでまぶたに輝きを出せるものを使っていますよ。

ファンデーションと同じく、肌にやさしい石鹸で落とせるエトヴォスのアイシャドーです。

50代のアイカラーおすすめ

私の使っているミネラルアイシャドーには4色のアイカラーパレットになってるのですが、使うのはいつも輝きが出るベージュ系の色だけ。

若い頃は顔が艶っぽくなるメイクはとっても苦手でした。でも、50代のある日。友人が艶感のあるメイクをしていて、ステキだなって思ったんですね。

鏡で自分を見るよりも、他人の顔をみたほうが客観視できるのでしょうか。

いつの頃からか失われてしまっているツヤ感をメイクで補ってあげると、輝きが復活するみたい(笑)。

顔に艶を出すのは金運的にも大事っていわれています。艶感が顔にあると元気に活き活きして見えるんですよね。艶感あるメイクしている友人と会話していると、こっちまで元気になれそうな気がしてきて嬉しくなります。

50代となると、まぶたも痩せた印象になってきて淋しい感じ。だからこそ、輝きのあるパウダーで明るい目元を作ることって大切だな~って思います。まぶたがふっくらして見えるんですよね。

悪目立ちしないまぶたに輝きが加わる色を。まぶたが艶っぽくなると、表情に明るさが増すし、フレッシュな印象のみならず、色っぽさも加わるのです。

 

アイシャドーの塗り方

ベージュ系やシャンパンゴールドの単色アイシャドウを、まぶたの膨らんでいる部分のアイホール全体に塗ります。下まぶたにも細く入れます。目頭から数ミリだけ入れてもいいですし、お好みで。

これだけで、やせてきてる目元全体がふっくらした印象になって、数色使うよりも柔らかい雰囲気になりますよ。

ニュアンスカラーのアイシャドウを使うことで、黒のアイラインやマスカラもより効果的になりますしね。

こういったニュアンスカラーのアイシャドウをベースに使うと、華やかな色を重ねたとしても発色が良くなるので、オススメです。

 

まぶたに輝きが加わるおすすめアイカラーパレット

私はミネラル原料のアイカラーを使っているのですが、ヘアアンドメイクアーティストの山本浩未さんが雑誌でお薦めされていたのは、以下の3点。単色でお値段いろいろなので、予算に応じて試してみるのも良いですよね。

・ヴィセ アヴァン シングルアイ カラー002
ルナソル ライティングアイズ 07

マキアージュ アイカラー N BE726

コーセーのヴィセ アヴァン シングルアイ カラーは楽天にはなかったのですが、ルナソル ライティングアイズ 07とマキアージュ アイカラー N BE726はありましたよ。アイカラーパレット選びの参考にしてくださいね。

目元が痩せてくぼんでいると、女性はとくに、生活に疲れているようなギスギス感が出るような気がします。目元をふっくらさせて表情を柔らかくしたいですね^^

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。