スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

アイメイクに注意!老け顔、うつや肩こり頭痛の原因にも?

週刊誌の美容整形の広告で、眼瞼下垂(がんけんかすい)という
言葉を知りました。

 

まぶたを引き上げるための筋と眼球を守るかたい板は
腱(ケン)でつながっています。

 

この腱がゆるんだり、切れたりすると、まぶたが垂れ
下がってくるんだそうです。

 

それで、視界が狭くなるため、整形外科で、くっきり二重に
しましょうと、女性週刊誌に載ってたわけです。

 

フーン、そんなの、まれなことであって
恐怖をあおって、整形させるつもりね!

 

なんて思ってたら、とんでもないんですね。

 

眼瞼下垂って、誰でも引き起こしやすいことのようです。

 

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

 

 

 

眼瞼下垂になると、まぶたを開けにくくなるだけじゃなく、
下まぶたにも影響します。

クマができやすくなるのも、その症状だそう。

 

しかも、顔全体のたるみにシワの原因にもなるんだそうですよ。
つまりは、まぶたをこすらない、引っ張らないことが
老け顔予防になるわけです。

 

○老け顔予防や原因はこういったことも!

老け顔の原因は睡眠不足から?お肌のゴールデンタイムは何時?
顔の老化防止のために今すぐやめたい生活習慣はこれ!

 

 

 

最近の医学では、眼瞼下垂が、肩こりや頭痛、うつ病の
原因になるということも分かってきました。

 

まぶたにある腱は、アキレス腱のように、太いものではなく
明太子のように、薄い皮のような、とても繊細な組織だそうです。

 

この腱は、まぶたをこすったり、ひっぱったりすると、
その刺激から、のびたり、はずれたりといった眼瞼下垂の
原因となるんですね。

 

コンタクトレンズ使用も眼瞼下垂の原因になると知られています。

 

眼瞼下垂防止

 

眼瞼下垂を引き起こさないためには、毎日のアイメイク時に
まぶたを引っ張る、かゆいときに目をこする、といった
ちょっとしたことでも注意が必要です。

 

まぶたをいじるのが癖になっている人は特にご用心ですね。

 

アイテープにちょっとだけ挑戦したことがありますが

あれは、けっこうまぶたをいじり回して、引っ張ったりしますよね。

ということは、アイテープには危険がいっぱいみたいです。

 

眼瞼下垂になったので、保険が効いて、パッチリ二重に
してもらったというおじさんを知っています。

 

そのときは、「羨ましい~」と思ったものですが
いやいや、そんなこと思うべきではないですね。

 

自然体の健康美が一番です。

 

↓↓眼瞼下垂に気をつけよう!と思ったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。