スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

あなたのシミやシワ、顔のコリが原因かも?

私のお肌の悩みは、一番がシミ。2番めがシワ。

シミは、いろいろと挑戦してるけど、全然薄くならず・・(苦笑)。

シミを薄くしたい!ハイドロキノンクリームに挑戦

フォトフェイシャル体験記

やっぱり、そのうちレーザーによるシミ消しに挑戦しようと思っている今日このごろです。

でもね、できれば、シミも日頃の手入れや努力で改善できれば、って思っているのです。

最近、シミやシワは、「血流の滞りが原因」という記事を読みました。そこで、さっそく血流をよくするためにせっせと始めた私です^^

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

スポンサーリンク

肌断食をするようになって、それまで大きな悩みだった小じわはあまり気にならなくなっています。

肌断食1年経過のご報告

ただし、寝不足はテキメン肌の小じわやくすみ、目の下のクマに出ますね~。スッピンなので、鏡見ると「ゲゲゲッ!!」と恐ろしくなり、早寝を心がけるのが私にとってよい刺激となっています(笑)。

さて、お顔ですが、血流がとどこおることが原因で新陳代謝が悪くなり、シミやシワ、そしてくすみの原因にもなるようです。

 

【肌悩み解消】

①眉下の毛細血管を刺激する

②目尻を押しながら持ち上げる

③目尻を押しながら下げる

④鼻下の口輪筋を刺激

⑤頬の筋肉をもみほぐす

⑥シミが気になる部分を押す

血流が悪くなって体に酸素と栄養が充分に行き届かなくなると、表皮の細胞が死に、シミやそばかすが現れます。

(記事参照元 からだにいいこと)

 

皮膚を痛めないように、クリームや乳液をぬってからやったほうがよいそうです。
コツは、肌をこするのではなく、圧をかけるように押すこと。

 

ちょっとわかりにくいところだけ、補足です。

①は、眉の下に親指をのぞいた4本の指の腹をおいて、圧をかけつつ左右に動かします。

④は、鼻の下に親指をのぞいた4本の指の腹で押すことで、強くもみほぐします。

⑤は、頬骨に親指をのぞいた4本の指をおいて、強めに外回りにもみほぐします。これを口の脇の方まで、少しずつ下にずらしながらやっていきます。

⑥は、たびたび思い出したときに、気になるシミを指の腹で押してもんでいると、効果が早く出るそうです。

 

顔って、押すだけで、ホント気持ち良いんです。私の顔だけかもしれませんが(汗)。ホント、顔ってコッてるだな~って思いますよ。

血管は多くが筋肉にあるので、筋肉をマッサージしてあげるってわけですね。

 

これは、つよもみ健康法といって、医学博士の明田昌三先生の提案です。実際に明田先生がご自分の顔に試してみたところ、シミが目立たなくなったという証拠写真?が載っていました。

先生は、朝晩15分ほど上のお顔マッサージを続けていたそうですよ。肌ツヤもよくなったそうです。

ホントかな?といつも疑い深い私です。この疑い深さが、効果に災いしているのかも?結果を出したければ、まずは信じてやること!と、最近自分に言い聞かせております(笑)

 

というわけで、「シミが薄くな~る」と、念じつつただいま実行中^^

↓↓の記事があなたの美肌作りのヒントになったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。