スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

春の紫外線対策で、シワ・シミを増やさない!(ヒルナンデス!)


春、紫外線が強くなる季節ですね。

そこで、3月20日の「ヒルナンデス!」では、「春の素肌ケア・紫外線対策」が特集されていましたよ。

紫外線から肌を守るための日焼け止めクリームにファッション、食べ物、簡単素肌ケアと盛りだくさんでしたね~。

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

「ヒルナンデス!」での春の紫外線対策、素肌ケアでは、美肌の権威と噂の澤田彰史先生によるアドバイスでした。

紫外線を浴びると、活性酸素が発生。その影響でメラニンが増え、シミ・そばかすの原因になるそうです。また、お肌のコラーゲンが傷つくことで、シワの原因にもなりますよ。

 

紫外線といえば、晴天な日が一番多いと思いがちでは?

でも、違っていたんですね~。

快晴な日よりも雲が出ている晴れのお天気のほうが、紫外線が多い場合が多いそうです。

 

日常のお出かけの場合、どんな日焼け止めを使うのが良い?

SPF20~30、PA++の日焼け止めを2時間~3時間おきぐらいに、こまめにつけるのが澤田先生のお薦めだそうです。

 

紫外線を最もブロックするコーデは?

全身白のコーデと全身黒のコーデでは、黒コーデっていうのは私も分かりました。
白は、紫外線を貫通しやすいのに対して、黒などの濃い色は、紫外線をシャットアウトするから。最近では、日傘も黒を使用する人が増えましたよね?

・黒以外の服のときは?

全身白コーデの場合でも、上に一枚濃い色の服を羽織るだけでも良いそうです。

 

活性酸素を減らすための食べ物では、トマトがおすすめ。

トマトの食べ方で、もっとも紫外線対策・シワ対策にオススメの食べ方は次の3つのうちのどれ?

①トマトジュース

②トマトとちりめんじゃこのサラダ

③あさりのトマトソースパスタ

 

答えは、②のトマトとちりめんじゃこのサラダ

 

その理由は・・

トマトに含まれる抗酸化物質のリコピンが油と一緒にとることで吸収率が上がると期待できるから。ちりめんじゃこには、コラーゲンが豊富に含まれてるので、シワ対策におすすめ。

でも、コラーゲンは口から食べても、肌への影響がなかったという話も‥・?

近年の研究では、食べたコラーゲンの一部がコラーゲンペプチドとして残り、お肌のコラーゲンを増やす可能性が見出されているそうです。
ただし、今現在では、充分に証明されているわけではないそうですよ。

紫外線によって増える活性酸素。これは、シミ・シワの原因になるとされています。
この活性酸素は、便秘になることでも増えることがあるそうです。

そこで、サラダであれば、便秘解消に良い植物繊維豊富な海藻類やお野菜がまとめてとれるからお薦めというわけです。

 

というわけで、「ヒルナンデス!」での、春の紫外線対策と肌の老化にもつながる活性酸素を増やさない対策でした。

 

便秘でも活性酸素が増えることがあるんですね~。これにはびっくりでドッキリ(笑)。最近は、生酵素のおかげで快調ではありますが~^^⇒自分が便秘だったと確信したわけ

長くなってしまったので、シワ対策の「簡単素肌ケア」は、次回ご紹介です。

↓↓春の紫外線対策・活性酸素を減らして肌老化を防ぐ方法、楽しんでもらえたらクリックしてね!

アンチエイジング

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。