スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

髪のボリューム出したい?抑えたい?悩み別で選ぶ夜シャン朝シャン

『女は髪!髪が綺麗だと3割増しで素敵な女性に見えるから』、と断言するのは、ヘア&メイクアーティストの山本浩未さん。

彼女は、旅行の際もご自分の気に入ったくるくるドライヤーを持参するくらい、美しい髪にこだわっているようです。

40代以降の女性の髪って、いろんな変化が出てくるんですよね。うねってみたりボリュームがなくなってきたり、なぜか変な癖が出たり・・

そこで髪のお手入れだけど、ドライヤーのかけ方やかけるタイミングで見た目も変わってくるみたい。

髪の悩みタイプ別で、夜ではなく朝シャンがいいってこともあるんですね。

↓↓心もからだも綺麗になるシンプルライフはここから!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク

大人女性の髪の悩みというと、2つのタイプに分かれるみたいですよ。

ひとつは、ペシャンコになってボリュームの出ないタイプ。そしてもうひとつが髪が多くて広がったり、ふくらんだようになるタイプです。

髪の悩みを解消するにも、タイプによって違うんですよ。

 

ペシャンコになる、ボリュームを出したいタイプ

・朝シャンがオススメ
・濡れた髪は少しでも早く短時間でしっかり乾かす

 
 

髪の毛が多くて広がりやすい、ボリュームを抑えたいタイプ

・しっかり乾かしたあとに、時間をおく
・夜シャンプーがオススメ
 

ボリュームを出したいなら朝シャンがオススメ。理由はドライヤーでしっかり乾かすことで、髪の毛にハリも出て根元から立ち上がりのボリュームを日中いかすためなんですね。

一方、夜にシャンプーしたほうがいいのは、髪の毛の多い人。夜にシャンプーして時間をおくことで、皮脂が出て朝にはいい感じになるっていうわけです。

ボリュームが少ない山本浩未さんは、夜にシャンプーして朝は髪の毛をいったん濡らして一からブローされるんだそう。

ドライヤーのかけ方に、こだわりがあるみたいですよ。

 

まず、根元を乾かします。あらゆる方向からドライヤーの温風を当てるのがコツ。前後、左右、上から下から。

・・・

根元がほぼ乾いたら、手ぐしで髪の毛を引っ張りながら伸ばします。髪タイプに合わせてアウトバスの、洗い流さないタイプのトリートメントを使うと効果的ですよ。

(記事参照元 女性セブン)

 

ためしてガッテンでは以前に、ドライヤーを使っての髪の悩み解消法もありましたね⇒つむじが薄い女性の髪型を1分で改善する方法!

私も、ボリュームが物足りないペシャンコ髪になりがちなタイプです。夜にお湯シャンして、バーっと適当に乾かします。

(ドライヤーは、相変わらず頭を逆さにして、うなじから頭のてっぺんから乾かしています(笑)。)

 

というのも、この夏は早起きしてウォーキングするようになったのです。すると、汗かいちゃうので、シャワーを浴びることにしました。朝シャンもお湯だけ。

しっかりドライヤーをかけて、髪の毛を立ち上がらせています。朝の寝癖に悩むこともなくなって、いい気分で1日過ごせてます。

あと、頭のトップの髪の毛が長くなると、髪型がペシャンコになりがちですよね。ボブが流行ってるんで、あまり段を入れてないっていうのもあります。それが嫌で、そろそろ段を入れちゃおうかな~と悩み中^^;

 

最近気づいたのが、マイナスイオンドライヤーのデメリット?風力は我が家のほうが上なのに、ジムのドライヤーに比べると、カラッと乾かないな~と思ったら、マイナスイオンドライヤーだからなんですね。

乾くのに時間かかるし、なんか乾きが物足りないんですね。それと、髪の毛の立ち上がりが悪く感じます。フワっとならないというか、よくいえば、しっとり仕上がる感じかな。

その分、髪にはやさしいってことなんですけどね。なんだってメリットもあれば、デメリットもありますよね。

 

というわけで、お湯だけ朝シャンに朝のシャワーは気持ち良いし、早朝散歩とともに、できるだけ続けたいって思っています。主人は朝からうるさいって言ってるけど、無視(笑)

↓↓「夜シャンと朝シャン、髪の悩みタイプ別でオススメ違います!」楽しんでもらえたらクリックしてね☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。