スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

首のたるみと口元のたるみを毎日3分で予防する方法

私もあと数年で50歳・・ドキッ!
そう考えると、気持ちが沈んでしまうことも。

齋藤薫さんの場合⇒幸福な50代が待っている不幸な49歳

でも、美しい50代の女性を見ると、希望がもてて
とても嬉しくなることありませんか?

そのひとりに、歯科医師の宝田恭子先生が
いらっしゃいます。
宝田先生は、「5分若返り宝田流美顔マッサージ」の
著者でもあるんですね。

55歳には見えない宝田恭子先生のバランスの良い姿勢と
お若いボディの秘訣をご紹介。

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

朝は、目覚ましなしで6時頃に起きられるという宝田先生。

最近は、この自然起床が話題になっているんですよ。
目覚ましなしで自力で起きるんです。
私もつい最近はじめました。

コツは超簡単。寝る前に、「明日は6時に起きる!」と
念じて?意識して寝ます。すると不思議なことに6時頃に
起きれるんです。(念のために、私は6時15分に目覚ましをかけています)
まあ、一度やってみてください^^

 

目覚めたら、宝田先生、お布団の中で「関節をほぐす」

お布団に寝たまま、両手で「グーチョキパー」をやって
血行をよくします。

そのあとに、両ひじの関節や肩の関節、そしてリンパを
もみほぐす。

その後は、30分~1時間ほどラジオ体操や
エクササイズをされるそう。
なんと!室井先生は、26年もの間、ラジオ体操を
続けてらっしゃるそうです。

 

首のたるみ改善

ラジオ体操って、NHKで朝の6時25分からやってるんですよね。
私も夏になるとこの時間に間に合うように起きて
やってますよ。ラジオ体操ってバカにならないです。
ギシギシいう私の筋肉もほぐれて、体が軽くなりますよ。
(でも、冬は、寒くて私は無理・・笑)

 

お風呂は熱めの42度のお風呂。

湯船に浸かりながら、手足をもみほぐすそうです。

 

夜は寝る前にストレッチ。

軽いストレッチは眠りに入りやすくなるそうです。

その日の猫背はその日の内に、治しておくとよいんですね。

猫背直しのストレッチは、両手を上げて、肘を曲げ
後頭部のところで手をクロスします。そして、肩を触ります。
すると、背筋が伸びるそうですよ。

ちょっとやってみると、肩甲骨のところが
すごい効いて気持ち良いです!

 

歯磨きの時間も、ただ歯磨きするだけではもったいない!?

というわけで、

頭と背中、お尻にかかとと、4箇所を壁につけるように立って歯磨きします。
これで猫背を治すことにもなるし、

口元のたるみや首シワたるみ予防にもなるそうですよ。

私は、このとき、鳩胸になるよう胸を張って
壁立ちしてみました。
これも肩甲骨のところが、気持ち良いです。
いかに、毎日猫背でいるかって分かります^^;

(ちなみに、わたし、肩甲骨もすごいこってます・・汗)

 

こうやってみてみると、美しい人は、何かしら努力されているんですよね。

美しい50代になるか、老けた50代になるか
自分しだいってことなのかな?

ちょっとした時間を費やすことで、あと数年後が
違ってくるのなら、毎日やってみたいって思いません?
(毎日じゃなくって、時々になったとしてもです・・^^;)

↓↓宝田恭子先生の記事が参考になったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。