スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

唇の荒れや変色を防ぐには、これをしちゃダメ!

唇のお化粧って、昔はリップクリームか口紅
ぐらいしかありませんでした。

 

でも、今はいろいろと唇のお化粧品もありますよね。

 

リップペンシルとかリップグロス、色のついたリップクリーム、
そして口紅。

 

いろいろと組み合わせて唇をキレイに見せる手法が
雑誌にたくさん載っています。

 

でも、組み合わせて使うと、それだけ唇に負担がかかるんですね。
その結果、唇が変色してしまいます。

 

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

 

 

 

実は、私、口紅もリップグロスもリップクリームでさえも
唇に付けていません。

 

というと、女性失格みたいかな?・・汗。

 

ファンデーションやチークとかアイシャドウは使います。
でも、唇はそのままです。

 

昔は口紅をつけていました。
ファンデーションなどのお化粧をしないときも、口紅だけは
つけていたんですね。

 

でも、食事の際に、口紅を食べてしまうのがいやで、食事前には
口紅をティッシュでとっていました。

 

そのうちに、唇が紫色っぽくなってきてあれ?と思いつつも
口紅塗っていました。

 

でも、お化粧の流行で、ベージュっぽい素肌感覚の口紅の色が

流行ったことがあったんです。

 

それで、いっそのこと、口紅をつけるのをやめてしまったんですね。

 

最初は、紫っぽい変な色の唇だったのですが、徐々に本来の
薄ピンク色を取り戻しましたよ。

 

知人に口紅をつけてないことをいうと、びっくりします(笑)。

 

ベージュっぽい色の薄い口紅をつけていたとばかり
思っていたって言われます。

 

口紅をつけないと、落とすこともしなくてよくて楽ちんです。

 

冬も特別カサカサになることもほとんどないのですが、
たまに乾燥しすぎ?って思う時だけ、リッピクリームを塗ってました。

 

最近では、オリーブオイルを唇に薄く塗っています。
ベタベタしないし、唇がふっくらするので、気に入っています。
全身に使える美容オリーブオイル

 

ただ、寒~いときに唇の色が悪くなるのは難点ですね^^;
そんなときに仕事で、大切な人に会うときには、
薄い色のついた口紅を塗ってます。

 

唇の荒れ

 

ところで、口紅やリップグロスですが、重ね塗りすると
どんどん唇が健康から遠ざかってしまうそうです。

 

それもそうですよね。
結局は、口紅などの化粧品には、界面活性剤などの
薬品が使用されているわけですから。

 

口紅やリップグロスなどを使い続けることで
メラニンがたまり、紫色に見えてくるのだそうです。

(私も、かつてはそうでした)

 

その紫色を隠すために、さらに濃い色の口紅を
使っていくと、炎症を起こすこともあるみたい。

 

というわけで、唇の健康を考えると、唇に塗る場合は
ひとつの種類だけのお化粧品に絞った
ほうがよさそうです。

 

↓↓口紅の記事があなたの美肌作りのヒントになったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。