スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

メイクブラシの洗い方と干し方オススメ洗剤は?洗わないほうが長持ち!天然毛の手入れ方法

先日、カネボウのメイクブラシ鉄舟を購入したので、天然毛に人工毛メイクブラシのお手入れの方法や洗い方を調べてみましたよ。

オススメの洗う洗剤もいろいろだし、洗い方に干し方もいろいろあるようです。

カネボウ化粧品の美容部員さんに教えてもらった方法や、鉄舟のケースに書いてあったお手入れ法。愛用中のミネラルコスメエトヴォスの公式サイトなどの情報を収集し、その中から私が良いと思ってやってみた洗い方をご紹介しますね

スポンサーリンク

エトヴォスのフェイスブラシを洗う

まずは、今まで使っていたエトヴォスのフェイスブラシを洗うことにしました。エトヴォスのブラシは人工毛です。

ミネラルファンデーショントライアルセットに付いていて、お気に入りで大切に使っています。

エトヴォスのフェイスブラシは、今までも何度か固形石鹸で洗っています。
今回改めて、エトヴォスの公式サイトに熊野のメイクブラシの洗い方なども調べてやってみましたよ。

メイクブラシの洗い方

けっこう汚れていますね^^;(ちょうど洗わなきゃって思ってたところ、と言ってみる)

 

石鹸や中性洗剤などを使って洗う

ネットで調べると、シャンプーでメイクブラシを洗っている方も多いようです。

ですがエトヴォスの公式サイトでは、髪用のシャンプーは油分が落ちすぎるため、使わないようにとの注意書きが書かれています。
また、中性洗剤というと、おしゃれ着洗いでも良いのかと思っていたら、そちらも使わないようにと表記されていましたよ

コップなどの容器にぬるま湯を入れ、石鹸や中性洗剤などを入れて溶かし、この中にブラシを入れて洗います。

私は固形石鹸を使って、このようにやってみたところ、ブラシの汚れが取れにくかったのですね。

フェイスブラシの洗い方I

それで、石鹸の上をメイクブラシで軽めになぞり石鹸をつけ、優しく手で洗う方法にしました。

 

その後は、石鹸が残らないように何度か新しいぬるま湯に変えながら、しっかりすすぎます。

最後に、石鹸分をきれいに取り去るために、クエン酸を少量溶かしたぬるま湯、あるいは少量のお酢を使ってリンスします。

私の場合は、自分の髪と同じように、ぬるま湯にお酢を少したらしてリンスにしましたよ。
(リンスはしてもしなくても良いです。つまり、結果はあまり変わりませんでした。お酢に対してのお湯が多すぎたのかも・・^^;)

 

タオルで水分を拭き取ります。メイクブラシの毛の形を整えます。
このとき毛が乱れた状態で乾かすと、メイクブラシの毛に変な癖がつくことがあるようです。

黒い毛のフェイスブラシ。これも人工毛なのですが、毛が乱れていますね。整えてもダメだったのです。でも、乾いたら、きれいになりましたよ^^

 

メイクブラシは陰干し

私はこれまで、しっかり乾かそうと、家の外の日当たりの良い場所に干していたのですが、これは間違いです。干す場所は陰干しです。陰干しなので、しっかり乾かすために、2~3日干したほうが良いです。

カネボウの美容部員さんは、鉄舟のブラシは家の中で干してくださいとおっしゃっていました。それだと、もっと乾きにくいだろうから長くかかりそう。やっぱり風のある日陰が良さそうですよ。

フェイスブラシの洗い方

メイクブラシの干し方は、毛先が下向きになるように吊るして干すのがお勧め。こうすると、根元までしっかり乾きやすくなります。

難しい場合は、メイクブラシを横に寝かせて干しても良いです。

ただし、毛の向きを上向きにすると、金具の中に水が溜まりやすくなります。すると、バクテリアが発生する原因となり、メイクブラシの抜け毛や切れ毛の原因にもなるので注意しましょう。

写真のように、メイクブラシをゴムで止めて、洗濯ばさみではさめば、下向きになりますよ。

 

 

私は庭の木の下がちょうど日陰だったので、木の枝にひっかけて干しましたよ(笑)。

 

 

メイクブラシの干し方

そしたら、あとで小雨が降ってきたので、家の中に干しました^^;そうこうして3日間干してましたね。

 

 

メイクブラシ洗った後綺麗になった

干しあがって綺麗になったフェイスブラシたち。ふんわり綺麗に仕上がりました。心配していた黒のフェイスブラシも形は元通り!良かったです^^

 

 

天然毛メイクブラシの洗い方

カネボウの鉄舟など熊野の天然毛メイクブラシでも、上に書いたエトヴォスの人工毛と同じような洗い方となります。

メイクブラシを購入したコスメカウンターのカネボウ美容部員の方の話では、中性洗剤で洗うようにとのことでした。

ですが天然毛メイクブラシの洗い方を調べてみると、最も良い洗剤は純石鹸だと私は判断しましたよ

なぜなら、メイクブラシが天然素材であり、肌に当てるということもあり、添加物の少ない高純度の純石鹸が理想的だからです。

化粧石鹸だと、添加物が多いので洗浄力が弱いのですね。純石鹸がもっとも洗浄力が強いので、夜だけ美容断食や肌断食でも純石鹸がメイク落としにオススメされていますよ

また、中性洗剤や溶剤系ブラシクリーナーは洗浄力は強いのですが、その分、油を落とす力も強いのですね。(エトヴォスの公式サイトでも書かれていますね)そういった理由で、洗い上がりがパサついたり、ブラシの寿命が短くなるため、避けたほうがよさそうです。

洗浄後はブラシに石鹸を残さないように、何度も新しいぬるま湯で洗ったりシャワーで洗い流すのがポイントです。

石鹸や洗剤がメイクブラシに残ると、毛が切れやすくなるからです。

天然毛メイクブラシの干し方も人工毛と同じく日陰干しですよ。

 

 

天然毛メイクブラシの使い方

天然毛メイクブラシの使い方ですが、優しく軽く気持ち良い程度。肌をなでるように使うのがポイントです。

つまり、メイクブラシを肌に押しつけるようにして使わないことが大切なのですね。

コスメカウンターでメイクしてもらっているときも、メイクブラシを使って、数回軽く肌を撫でただけできれいにお化粧がのりました。
それをお手本に、私も肌を優しくブラシでなでるように使うことを心がけていますよ。

やさしくなでる程度で、しっかりメイクがのるというのが、高価なそして高品質なメイクブラシの価値なのでしょうね。

カネボウ美容部員の方もしきりに、鉄舟のメイクブラシは、カットが違うとか天然毛は弾力性が違うなどとおしゃっていましたが、そういうことなのでしょう。

もし、ファンデーションなど濃く塗りたい場合には、軽く数回重ねるように塗るのがおすすめです。

 

日常で天然毛メイクブラシをお手入れ

カネボウの美容部員の方のお話では、天然毛メイクブラシはほとんど洗わない方が良いとのこと。洗う必要がほぼないとも。

ネットで調べてみても、熊野の天然毛など、メイクブラシの水洗いをお勧めされないところが目につきます。

ということは、できるだけ、水や石鹸で洗わずにすむように、日頃のお手入れが肝心なのですね。

・使用後は手の甲や腕などで、メイクブラシを軽くはたく
・あるいは使った後に、ティッシュを使ってメイクブラシの表面の粉をふき取っておくとなおよいですね。
・フェイスブラシやチークブラシといった大きなブラシは、マメに櫛(クシ)を通してほぐしておきます

櫛を使うときの注意点としては、先端から先にほぐします。そのあとに、根元から優しく毛先に向かってほぐすこと。こうすることで毛が切れにくくなります。

櫛を使ってまめにブラッシングしておくことで、メイクブラシの中に入り込んだ化粧品や汚れが取れるので、綺麗に保てますよね。
私も、メイクブラシと櫛はセットにして収納していますよ

面倒ではあるけれど、ちょっとした心がけしだいで、メイクブラシは長持ちするようです。

水洗いをお勧めできない理由
水洗いをすることで、中のほうの毛や金具の中が乾きにくく、湿気が残りやすい。不衛生となりがちです。さらに、メイクブラシの毛切れや抜け毛の原因ともなるので、水洗いをしなくてすむように心がけたいものです。

エトヴォスのフェイスブラシのように人工毛であれば、プチプラなお値段で購入できます。ですが、熊野の天然毛メイクブラシになるとかなり高価です。頑張って買っただけに、なるべく長持ちするよう使いたいですよね。

 

まとめ

メイクブラシの洗い方
・人工毛と天然毛、どちらも洗い方の基本は同じ
・オススメ洗剤にもいろいろあるが、純石鹸が理にかなっていると思われる
・洗い方は、メイクブラシに純石鹸をつけてやさしく手で洗い、何度もきれいなぬるま湯ですすぐ
・メイクブラシを洗ったときに干す場所は陰干し

 

天然毛メイクブラシの使い方
・肌に気持ち良くなでるように使うのが基本
・濃くつけたいときは、数回、軽く色を重ねるようにする
・毛が痛むので、メイクブラシを肌に押し付けて使わない

 

日常でのメイクブラシのお手入れ方法
・天然毛のメイクブラシはなるべく洗わないほうが長持ちする
・日ごろ、メイクブラシを使ったら、手の甲などで粉を取り除いておく
・メイクブラシを使ったあとは、ティッシュで軽く包んで粉をふき取っておく
・マメにメイクブラシに櫛を通しておくと、汚れが取れやすくきれいな状態を保ちやすい

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。