スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

「日記健康法」って?日記で簡単にハッピーになる方法

先日、おばが家の2階から飛び降りたそうです。
幸いにも、屋根に引っかかり、たいしたケガではなかったそう。

飛び降りの原因は、「うつ病」です。

おばは、更年期障害の症状から、「うつ」の病いに
なってしまったんですね。

うつ病を発症して、すでに20年以上もたつのですが、とくに季節の
変わり目は、心が乱れるようです。

「うつ病」とまではいかなくても、毎日普通に生活していると
ストレスがたまるものですよね?

そんなとき、あなたはどうしていますか?

1日にたった15分で、体も心も喜ぶ健康法
あるそうです。

誰にでもできる簡単なことですよ。

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

病気の症状さえも改善して、幸せ度もアップするという
画期的な方法?
それは、日記をつけること。
日本ではほとんど知られてないようだけど、欧米では
もはや医学研究で実証されているそうです。

 

健康になる日記の書き方

これは、週に4日間、1日に15分程度、できれば
20分ほどかけて書くことがおすすめ。

日常でのできごとを書くのですが、とくに
つらかったことを思い出して書くのがこつなんだそう。

つらく感じたことを思い出して、思ったことや感じたことを
書き留めていくだけ。

ブログに書いてもよいのですが、ネガティブな内容のブログは
読者にあまり好まれないでしょうし、書く方も思い切り
書けないでしょうから非公開にするとよいですね。

 

日記を書く健康法

 

こういった日記を書くことは、血圧低下や免疫機能のアップ、
ケガの回復さえも速くなったという結果がでているそうです。

日記は心の健康にもいいのです。将来のうつ病やつらすぎる出来事によって生じる、病的な心の傷「PTSD」の発症リスクが減ることも知られています。さらに驚くことに、日記を書く会社員は欠勤日数がへり、日記を書く失業者は再就職率が高まることもわかっています。日記には、記憶力や運動能力を高め、学生の成績をあげる効果があることも証明されています。

(記事参照元 からだにいいこと)

 

私も最近日記をつけはじめたのですが、ネガティブなことは
書かないようにしていました。

書くと思いだして、気持ちがへこみそうだから、
楽しいこと、嬉しいことだけをかき集めて書いていたんですね。

でも、違ったんですね。もちろん、嬉しかったことを
書くのもよいと思います。

日記に辛かった出来事を書くことで、一時的につらい感情が
湧き上がっても、長い目でみると、感情の処理がきちんと
行われやすいとのことです。

免疫機能や自律神経機能が高まるんだそうですよ。
それって、すごいことですよね?

嫌なことって、誰かに話さないと気が紛れないって
思ってたけど、日記に書けばいいんですね。
愚痴を聞かされる方もたまったもんじゃないでしょうから
これは得策ですね!

日記に書くようなつらいことがないのが一番だけど
人生いろいろありますよね?

ちょっとした凹むことも、これから日記に書いて
すっきりしていこうって思ってます^^
(日記が続くかどうかが、ちょっと問題ですが・・汗)

↓↓日記を書いてみようかな?って思ってもらえたら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。