スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

α-リノレン酸食品で、脳の老化を防ぐ食生活始めませんか?


青魚に含まれるDHAは「ブレインフーズ」と呼ばれて
「頭が良くなる食べ物」なんですよね。

昔から、頭が良くなるから、子供は
青魚を食べたほうが良いって言われています。

私は青魚はあまり好きじゃないけど、
自分の子供には食べさせたくて、できるだけイワシや
鯖やさんまを焼いてみたり、ブリの照り焼きや小アジの
南蛮漬けを作ったりしてものです。
(今や懐かしいがんばってるお母さん時代・・笑)

 

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

でも、子供も巣立ってしまった今では、好きなものしか
食べない半乱れな食生活‥・汗
臭い青魚なんて、めったに食べてないんですね。

別に、いまさら頭良くならなくたっていいし~って。

 

でもですね、このブレインフーズである、青魚に含まれる
DHAってオメガ3脂肪酸のひとつなんです。

生きてく上で必要だけど、体内では生成できない。
だから、食物から取る必要がある栄養素のひとつです。

そのオメガ3であるDHAをとることで、記憶力などの
脳の機能を改善して、脳の老化の予防効果が期待
できるってことがわかってきたみたいです

 

つまりは、ボケ防止

アメリカでアルツハイマー病の対策のひとつとして研究されていたものですが、その研究は世界的な広がりを見せ、日本でもいま注目を集めるようになりました。

ブレインフーズは、
・脳にエネルギーを補給する
・脳細胞を修復する
・認知機能の低下を抑える
の3つの機能があります。

(記事参照元 週刊女性)

魚を食べる量とうつ病の発生率を比べてみると、
魚をよく食べる国ほどうつ病が少ないという調査結果が
出ているそうです。

その典型的な例が日本で、世界でも魚の摂取量は多く
うつ病が少ない国なわけですね。

つまりは、DHAが含まれるオメガ3を含んだ食品をとると
よいんです。

 

でも、青魚がどうしても苦手っていう方は、エゴマ油から
とると良いんですよ。

えごま油に含まれるα-リノレン酸もDHAと同じくオメガ3だからです。

オメガ3って、頭を良くする効能だけじゃないんですよ!

ニキビに肌荒れを治したい、痩せたいならオメガ3の油をとるべし!

肌老化を防止するためのエゴマ油選び方

だから、わが家ではアンチエイジングと脳の老化予防のために
購入して、毎日おいしく、いろんなものと
いっしょにいただいていますよ。

オメガ3のえごま油(生)通販購入レポ

ちなみに、オメガ3脂肪酸は、くるみにも含まれて
アンチエイジングの食べ物として話題になりましたよね?

 

私も、以前「はなまるマーケット」でくるみの効果を目にしたとき、
すぐにクルミを買ってきて食べ始めたんですが、1週間ほど
したら飽きがきて、見るのも嫌になってしまいました・・汗。

 

えごま油だといろんなものにちょっとかけていただくので
飽きもこず、重宝しています。
お値段が少々高いけど、貴重な手絞りですからね。
これでアンチエイジングにボケ防止になれば、
お高い化粧品なんか買うより絶対に良い!って思うんだけど
そう思いません?

 

↓↓ブレインフーズの記事があなたのアンチエイジングのヒントになったら、クリックを!

アンチエイジング

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。