スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

ニキビに肌荒れを治したい、痩せたいならオメガ3の油をとるべし!

とっても高価な食用油、知っています?オメガ3のエゴマオイルです。

私も美容のことをいろいろと調べるまでは名前を聞いたことがあるぐらいだったんですね。知ってみると、実は、このオメガ3っていうのがすごいんです!

なにがって、美人の油はオメガ3って言われるくらい私たち美女?には欠かせないものみたいなんですよね~。

スポンサーリンク

体に必要だけど不足している油とは?

私の油に対するイメージは、「太る、健康に悪い、肌に悪い」といった悪いイメージばかり。でも、良い油は、体を健康にするのに必要なんですって!

美容について、いろいろと調べていると、ニキビや吹き出物、肌荒れ、痩せたい人、そういう人こそとるべき良い油があるってことにたどりつきました。

その良い油っていうのが、オメガ3なんです。

 

不飽和脂肪酸オメガ3とは?

脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられるんですね。

その不飽和脂肪酸はさらにその構造から、オメガ3、オメガ6,オメガ9とに分けられます。

えごま油に含まれるαリノレン酸はオメガ3なのです。青魚のDHAやEPA、これらもオメガ3に分類されるんですよ。(αリノレン酸は、体内でDHAに変化します)

オメガ3っていうのは、体調を整える、中性脂肪の分解や血中コレステロールを下げる、炎症やアレルギーにも効果があるんだそうです。

不飽和脂肪酸

脂肪の構成要素である脂肪酸のうち植物や魚の脂に多く含まれているもの。
体内で合成できないため、摂取する必要がある必須脂肪酸はこれに含まれる。

これらは動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDHコレステロールを減らすなど、さまざまな作用をもっています。ただし、熱や空気で酸化しやすく、過酸化脂質になるので注意が必要です。高温で調理すると大気中の酸素と反応し過酸化脂質となるので、食物として摂る場合、揚げ物や炒めものよりドレッシングなどに向いています。(e-ヘルスネットより抜粋)

とり過ぎの傾向があるリノール酸の油

いっぽう体の中で悪い影響や老化促進という働きをしてしまう油もありますよ。

その良くない油が私たちがよく使うリノール酸を多く含んだ油。たとえば、コーン油や紅花油、ひまわり油、大豆油といったもの。

でも、これらの油も全く取らないほうがよいってわけではなく、摂り過ぎがよくないってことです。普通に外食などもする食生活をしていると、取り過ぎになる傾向が強いんで、気をつけたほうがよいってことですね。

 

えごま油や亜麻仁油は不足しがちな油

オメガ3は、不足しがちな油です。というのも、オメガ3は、青魚、くるみ、亜麻仁油、エゴマ油といった、あまり食さない物にふくまれていないからです。

青魚ってあなたは好きですか?青魚が体の健康にとても良いっていうのはよく聞くけど、臭くて食べるのが苦手です・・汗。くるみも最近は、アンチエイジング効果があるとかでよく話題になっていますね。亜麻仁油とかエゴマ油なんて、買ったことない私。私が住んでいるところは田舎なので、えごま油なんて売っていません。

ネットで、無農薬有機栽培のえごまから抽出されたえごま油を探し、いろいろと見比べているところです。せっかく買うのだから、よい原材料使用しているものがよいですよね。

このあと、本当の美人になるために(笑)えごま油や亜麻仁油をいろいろと比較検討して購入したいって思っています!

※追記 エゴマ油購入しました!
肌老化を防止するためのエゴマ油選び方と購入

 

【追記】2016年2月1日
「私の何がイケないの?」SPで肌荒れに悩んでいるざわちんが、えごま油を飲むことで見事に肌年齢が若くなったと出てましたね。しかも、ダイエットにも成功。

ニキビや肌荒れに悩むざわちん

1日に5~6回のメイクをすることもあるというモノマネメイクのざわちん。メイクはお仕事なのでしょうがないとはいえ、そのせいか、肌荒れがひどくなってきたそうです。

「ちいさなニキビがたくさん出来て、それを隠すメイクしなくちゃいけないのが悩み。」

そういうざわちんのスッピンは、とくに眉間あたりに多くの小さなニキビやニキビ跡が見えます。吹き出物も目立つし、鼻周りは肌が赤っぽくなってましたよ。

 

ニキビ吹き出物がひどいざわちんの肌診断

  • 実年齢23歳のざわちん。油分値が平均値の半分以下の少なすぎ(肌年齢43歳
  • 毛穴の数は、平均値が227に対して、ざわちんは375で多過ぎ(肌年齢32歳
  • 色素沈着数(シミ)は、平均値の約5倍で多過ぎ(肌年齢42歳

と、いろんな肌診断を綜合したけっか、ざわちんの肌年齢は36.5歳なのでした。

 

肌年齢が実年齢より13歳も上な理由は便秘にもあり

ざわちんの肌が荒れているのは過酷なメイクのせいもあったのですが、他にも思い当たることが。それは、便秘だったこと。

週に2回ほどのお通じだったそうです。便秘は腸内活動が悪くなり悪玉菌が増えるので、肌を荒らします。

そこで腸内環境をよくするために今回摂り入れられた方法が、えごま油を飲むこと

えごま油を飲んで、ニキビ肌荒れを治すざわちんがやった方法は

  • 寝る前にえごま油をスプーン大さじ1杯飲むことだけ。
  • 食事は今までどおり。
  • 期間は1ヶ月間。

えごま油のオメガ3効果で、動脈硬化や血栓を防ぐこと。これは、腸内の老廃物を体外に排出したり代謝を良くする。また、血行促進作用もあり、腸内の環境を整えることにもつながります。

なぜ寝る前にえごま油を飲むといいのかというと、夜の22時~2時が腸のもっともよく活動する時間とされているからです。この時間の前、間にえごま油をとると効果的だからなんですね。

 

えごま油を夜寝る前にスプーン1杯飲み続けた結果は?

はじめて7日後には、ざわちんの体重は1キロ減ったそうです。そりゃそうですよね。週2程度だったお通じが週4になったそうですから(笑)。

その後も飲み続けてひと月後は53キロあった体重が48キロとなりました。-5キロのダイエットに成功ですね。

気になる肌年齢は、36歳→26歳と、-10歳若返ったそうです。
肌の油分量は、肌年齢43歳だったのが、肌年齢15歳に改善してました。
シミの数は14個(肌年齢40歳)が8個(肌年齢30歳)に減っていましたよ。

これを見て、私のシミも少しは減るかな~?とやってみたくなりました^^;

この方も便秘解消で肌が綺麗になったんですよね→松本明子さんが肌年齢24歳のきれいな肌になった秘訣

便秘ってそれだけ、肌にもだけど体に良くないってことなんですね。このざわちんの結果を見ても、太りそうな気がして寝る前にえごま油とか飲むの怖いんですけど。

それでも、ひと月という期間限定だったらやってみようかな?でも、えごま油って臭いが苦手なんですよね。

その点、同じくオメガ3である亜麻仁油だと香りもほのかで、私も毎日今も使用していますよ。なので、亜麻仁油で美肌とダイエットを目指してみようかな?って思っているところです。
●魚臭い?→えごま油を使ってみた味と感想
●香りほのかで好みです→亜麻仁油の味と使った感想

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。