スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

体にいい老けない理想の朝ごはん夜ごはんのとり方

「これだけで若返りは可能です」の著者で
アンチエイジング医の日比野佐和子先生。

お医者さんによって、お薦めする
食事のとり方も違いますよね。

最近では、朝ごはんを不要とするお医者さん
もいらっしゃるようです。
でも、日比野佐和子先生は、朝ごはんを大切に
される派。

私も、小さい頃からの「朝ごはんはしっかりとる」
という生活を大事にする派なので、共感です。

日比野佐和子先生が推奨する、身体の老化を遅らせる
食事のとり方とは?

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

日比野佐和子先生の朝は、常温のコップ1杯の水素水で始まります。

朝食のエネルギーで、脳と身体が目覚めます。

 

朝ごはん抜きで、昼食を食べると、急激に血糖値が上がったり
カロリーの溜め込みの可能性があるそうです。

先生は、身体の巡りをよくするために
必ず野菜や果物の生ジュースをとるそうですよ。

生は、身体を冷やすので、夜はやめたほうが
よいけど、朝なら良いそうです。

 

エネルギー代謝をアップして体温を上げてくれるのが
タンパク質。オムレツがおすすめみたい。

免疫力をあげるぬか漬け、キムチ納豆などの
発酵食品で、腸内の善玉菌を増やすと良いそうです。

他にもヨーグルト、乳酸菌と果物を一緒にとるのがおすすめ。
酵素の働きがよくなるんだそう。

■手軽なのは、生酵素サプリ発酵食品サプリ体験記

 

デトックス効果

そして、日比野佐和子先生の夜ごはんおすすめの食事のとり方。

先生イチオシは、サーモンだそうで、抗酸化成分のアスタキサンチンが
老化を予防してくれるんだそうですよ。

鮭の皮には、コラーゲンが豊富なんだそうです。
(でも、私は、鮭の皮は苦手なので、食べませんけど‥・汗)

 

肝臓に働く解毒酵素(デトックス)といわれる
「グルタチオン」を含むお野菜。

アボカドやほうれん草、アスパラガスにブロッコリー
こういったお野菜を積極的にとることで、老化防止に
つながるそうです。

(お~これらのお野菜は、大好きなので、食べるのは苦じゃないですよ。
特に、アボカドは女性に好まれていますよね!)

 

日比野佐和子先生も意識してとるようにと
いわれているのが、オメガ3のオイル。

永作博美さんが、胎教のために摂ったという亜麻仁油

えごま油は、生でそのまま料理やお野菜にかけて
食べることを勧められていますよ。

■私は亜麻仁油愛用中⇒気に入ってます、亜麻仁油の味と香りは?

 

さて、寝る前の飲食は控えたほうがよいというのは
一般的ですよね?

よく言われる理由は、睡眠中は胃腸の働きがとまるから
身体に悪いっていうこと。

 

ほかにも、こんな理由が・・。

私も大好きな「成長ホルモン」別名を若返りホルモンですね、
これは、空腹の刺激で分泌される性質があるんだそうです。

だから、最低でも就寝2時間前には、食事を済ませて
食べ物を消化させてから寝たほうが「成長ホルモン」分泌を
期待できそうですよ。

 

日比野佐和子先生もおっしゃってますが、身体によいこと
すべて自分の生活に取り入れようと思っても難しいのが現状。

それぞれ自分の生活にあったものを選んで、続けていくことが
大事だということ。

あなたの食生活に取り入れられそうなこと、
ひとつでもあったら、やってみてくださいね。

↓↓「食事のとり方」で体の老化予防、の記事に興味をもったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。