スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

危険じゃないサプリメントを上手に選ぶポイント

最近の日本では、いろんな種類のサプリメントが
売られていますよね?

 

私の実家の母は、健康食品オタクでして、
かなりの金額をサプリメントや健康食品に費やしています。

 

おかげさまで、80歳近い今でもとても健康です。

 

でも、母の場合、購入するのが趣味みたいな人で、
ほとんど飲んでいないようです。
もしかしたら、それが、かえってよいのかもしれませんよ?

 

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

 

 

 

 

不足しているサプリメントを上手に利用するのは
現代の忙しい女性には必要かもしれませんね。

 

忙しい女優さんのサプリメント活用も参考に。
更年期を乗り越えるコツはゆるキャラのかとうかず子さん。

松雪泰子さんの美活健康法

 

それでも、サプリメントは食事代わりにはなりません。

できるだけ、栄養は食事からとるようにしたいものです。

 

それでも、サプリメントが必要な場合、
あなたの大事な体の中に入るサプリメント、選び方の基準を
しっかり考える必要があります。

なかには、危険なサプリメントだったり、栄養の薄いものだったり

といったものも販売されているようです。

以下のことを参考にしてくださいね。

 

サプリメント危険

 

原材料には、合成のものと天然のものがあります。
原材料はできるだけ天然のものが好ましいですよね。

 

サプリメントの加工方法ですが、一般的に熱風で
乾燥させるものが多いようです。
これでは、栄養素が壊れやすくなるんだそうです。

 

コールドスプレー法やフリーズドライ製法で作ったものが
栄養素を瞬間的に封じ込めるのでおすすめです。

 

魚や野菜が材料の場合は、自社基準での残留農薬や
有害物質のチェック内容が調べられるとよいですね。

 

厚生労働省から認められた場合のGMPや、米国食品医薬品局から
認可された場合のFDAも、サプリメントを選ぶ基準になります。

 

防腐剤、乳化剤、香料、着色料、甘味料といった添加物を
多くとると、肝臓の負担になります。

こういった添加物が、なるべく入っていないものが

体にやさしいです。

 

サプリメントが入っている箱には、原材料名が
載っていますよね。

 

これは、配合量の多いものから記載されているそうです。

 

添加物が最初のほうにきていませんか?

 

同じ青汁でも原材料名は、全く違っています。

 

以前私が購入した青汁は、お値段が高かったのですが、原材料名には
主要なあした葉や大麦若葉、桑の葉とオリゴ糖のみでした。

 

でも、最近生協で購入した安価な青汁(カタログ販売なので
原材料名はチェックできません)は、乳糖やブドウ糖、クロレラや
ニンジン末、パンプキン末、トマト末・・ほかいろいろと
いった具合に、いろんな材料も入っています。
しかも、乳糖やブドウ糖の表示が上位にきています。

 

安いからという理由だけで、サプリメントを選ぶのは
危険かもしれませんね。

 

しっかり見極める眼をもちたいものです。

 

↓↓サプリメントの記事があなたの参考になったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。