スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

スキンケアを熱心にし過ぎて、お肌のキメがなくなりました・・


何気なく、毎日やっているスキンケア。

 

スキンケア化粧品やコスメ化粧品って、いつの間にやら
種類が増えてきてるってことありません?

 

わたしなんて、気づいたら、スカスカだった化粧品入れの

かごがギュウギュウになってました(笑)。

 

たくさんのスキンケア化粧品でお手入れしたり、お化粧したり
ってことは、それだけ、知らず知らずのうちにお肌を
こすっていることになるみたい。

 

そういった、気づかずにお肌をこするってことが、
お肌にとっては、大きなダメージとなるようですよ。

 

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

 

 

 

本来、お肌に備わっている、自分で保湿するための成分、保湿因子。

 

この保湿因子は、こすることで、落ち去ってしまい、
その結果、お肌が乾燥します。

 

保湿因子が、お肌から落とされてしまうと、再生までに
数日かかるんだそうです。

 

それなのに、わたしたちは、クレンジングに洗顔、タオル、
化粧水を含ませたコットンなど、多くのものでお肌をこする
毎日を送っています。(こすっているつもりはないんですよね‥・)

 

その結果、なかなか保湿因子の再生が間に合わず、
お肌は自力での保湿ができなくなってしまうんですね。
だから、洗顔後には、ひどくお肌がつっぱるといったことが
起こってきます。

 

保湿因子が失われたままの状態が続くと、お肌の健康は
損なわれてしまいます。

 

そうなると、皮膚が薄くなって、キメがなくなってしまうんですね。
私のキメもなくなっています(泣)・・⇒マイクロスコープで見るキメがある肌とない肌

お肌は、薄いのが良いって、ずっと思っていました。
だから、エステにも週1で通ってたんです。

 

しかも、こするという行為は炎症を引き起こし、
メラニンを増やすこととなり、終いには、肌がくすんだりシミができる
原因になるんだそうです。

 

自分ではこすっているつもりはないんですよね。
ただ、お肌のお手入れをしているだけ。

 

なのに、お手入れをし過ぎることで、お肌は不健康になる
ってことです。

 

江角マキコさんや、梶芽衣子さんみたいに、

お肌に手を掛けないっていうのが、お肌のためには

最もよい、という皮膚科の意見もあります。

 

何ごともほどほどが肝心ということでしょうか?

 

↓↓こするのはお肌の大敵!の記事があなたの美肌作りのヒントになったら、クリックを!

アンチエイジング

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。