スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

簡単ポイントメイクのコツで若返りメイク試してみる?

メイクのちょっとしたコツで、若く見えると
嬉しいもの。

40代お悩みの、頬のたるみが引き上がって見えたり、
下がった口元が上向きに見えるメイクの仕方。

たむちゃんのエイジレスメークが話題に
なってるそうですよ!

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

お化粧の栄える顔がとても羨ましい私。
私は、化粧してもしなくてもほとんど変わらない
という、ちょっと淋しい薄い顔(笑)。

だから、化粧で美しく化けるということは
望んでいないけど、化粧による目の錯覚?で
若返りは期待したいですね。

ポイントメークする際のコツで若返るという
たむちゃんのメイク術です。

 

【チーク】

チークを高い位置で使うことで、
頬のたるみを引き上げる効果が。

頬骨の上で目の下あたりから斜め上方向(耳に向かって)
にたまご型にチークを入れます。

色は、ピンクやオレンジを使用。
くすんだ色を使用すると、お肌もくすんだ色に見えます。

 

【アイメーク】

マスカラやエクステよりもお薦めなのが
芯が透明タイプのつけまつげ。
これがお薦め⇒D.U.Pアイラッシュシークレットライン

初心者でもつけまつげを上手に使用するには
筆タイプのノリを直接まぶたに塗る方法が
お薦めだそうです。

・つけまつげの付け方
ビューラーでまつげを上げてマスカラし、 まぶたのキワにのりを点状に2,3箇所 つける。

ノリが乾かないうちに、つけまつげを ピンセットを使用してつける。 つける際には、目を半開きにしてから 行うとキレイにつきやすい。

 

【目の下とほうれい線】

涙袋用コスメを使用します。
■これねピメル 涙袋用美容液アイカラー

涙袋を作るコスメ。若い女の子の間で人気だそうです。
これを、若返りメイクに利用して、
眼の下に塗ることで、くすみが消え、ふっくらした
目元の完成。

しかもほうれい線を消すにも使えるんだとか?
その際は、ほうれい線に沿って塗るのではなく、
影になる内側の部分をコスメのチップで
塗るのがコツ。

左右の口角下に塗れば口角アップの効果も
あるそうですよ。

 

【口元を上向きに】

明るめの色のリップペンシルで、
唇の外側をはみ出し気味に描いて、口角上向きの
ふっくら唇を演出。

唇の中の方も同じペンシルで
少々ぬる。

唇に近い色のグロスを唇の上に数箇所置いてから
唇全体になじませるようにつける。

 

【眉毛の色】

眉毛の色は、メイクのイメージで決める。

明るいブラウンのアイブローマスカラを使用すれば
明るくて優しげな印象の顔に。

パウダーやペンシル使いの場合は、眉毛のないところ、
少ない部分を埋めるように使うのがコツだそうです。

あと、パウダーファンデーションは、パフよりも
ブラシがお薦めなんだそうですよ。
理由は、毛穴が目立ちにくいから。

■肌のキメを無くさないためにはこちらお肌にやさしいパウダーファンデーション選び

 

どうでしょう?どれも明日の朝から思い出してササッと
できそうな簡単なことばかり。

「若作りメイク」ではなくって「若見えメイク」って
ところに気持ちが誘われます(笑)。

自然に若く見られるよう、お互いがんばりましょう♪

↓↓エイジレスメークが参考になったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。