スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

齋藤薫さんが見つけたやる気を出す方法とは?

最近、美容ライターの齋藤薫さんのコラムを
読むのが好きです。

 

いつも、何かしら説得力があるんですよね。

 

今回読んだコラムのテーマは「筋肉」でした。

 

年々衰えているのを感じざる負えない筋肉だけど、
やる気と筋肉って、関係が深かったんですね。

 

 

↓↓こちらにも、アンチエイジングの情報が満載!
アンチエイジング

スポンサーリンク

 

 

なかなかやる気がでない自分や、子供が手を離れていき

生きがいを見つけられずにいる自分に、愛想がつきる
ときがあります。

 

「前向きに生きる」とか「生きがいを見つける」といった
ことはやりたいけど、どうしていいのか分からない。

 

それって、40代世代の女性なら、けっこう誰しも思うこと

じゃないかな?

 

そこで、齋藤薫さんが見つけた、やる気を出して元気にいきる
方法。

 

意外にもおもしろいことに、筋肉をつけるってことでした。

 

齋藤薫さんは、太り過ぎが気になって基礎代謝を高めるため
筋トレを始めたそうです。

 

すると、少しずつ筋肉がつき始め、フットワークが軽く
なるのを感じました。

 

かつては、ソファーから立ち上がるのさえおっくうだったのに
さっと立ち上がって、さっと用事をすませる。

 

そんな毎日が送れるようになったこと。

 

それに気づくと同時に、心まで軽くなっているのに
気づいたそうですよ。

 

 

背筋を伸ばす筋トレ

 

何か、気が重いことが待ち受けているとわかっていても、
自分は大丈夫と思えるようになった、
心が前向きになったそうです。

 

元気になる、前向きになる、ってことは、健康であると
同時に、いくらかの筋肉が必要だったんですね。

 

筋肉があることで、動作も心も軽くなって、元気になり
前向きな思考が体にやどる、

 

そうなると、やりたいことも出てくるし、生きがいも
見つかりやすくなります。

 

かつては、やってみたいけど自分には無理と諦めていたことも
いつの間にか行動にうつしていることも。

 

エネルギーの減少を感じたら、少しずつ筋肉を
つけるようにしてみて。

そうすることで、あなたの周りもうまく回るように
なるから。

 

そう、齋藤薫さんはおっしゃっています。

 

それまでは、気力のなくなった自分を

どうしたら良いのか分からなかった私だけど

齋藤薫さんのコラムを読んで、なんだか目の前が明るくなった気分です。

 

少しの筋肉をつけるために、まずは、お休みしていた
毎日のウォーキングの再開。

ゆったりお散歩ではなく、早歩きウォーキングでがんばります。

 

↓↓齋藤薫さんの記事があなたの美活のヒントになったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。