スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

ストレスや不安・・なぜか?「夜眠れない」をなくすためのちょっとした工夫

あなたは、夜眠れないことってありますか?

私は、心配なことがあるときとか、夜遅くまでパソコンいじってたりすると眠れない日が重なります。それから、生理前とか生理中とかも夜眠れないことってあるみたい。

生理中は、逆に眠くてしょうがないことも多いんですけどね^^;

知り合いに子供がまだ小さくて、10時に寝て、朝5時半に起きてる人いるんですが、肌つやがめちゃくちゃよいです!羨ましい~。やっぱり究極の美活は睡眠なのかも?

もし、眠れない日があるようだったら、夜よく眠れるためのちょっとした心がけ、やってみませんか?

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

 

よい睡眠をとるためにちょっとした工夫

・朝起きたらまず日光をあびる。1時間以内に朝食をとる。

・寝る1時間前の入浴がもっとも入眠に効果的。
(入浴後は足首を保温して、特に冬場)

・不安や心配なことがあって眠れないときは、紙に頭に浮かぶことを書いてしまいます。外に出すことで脳がスッキリして入眠しやすくなります。(嫌なことの場合は、書いた紙を破るとストレス解消にもなってオススメ)

・仕事帰りの電車でうたた寝しない。

・眠る前に運動で体温を上げるのもよく眠れる方法。ヨガやストレッチがおすすめ。特に腹式呼吸は、寝ている間の呼吸に近いので眠りを誘います。

・夜はパソコンや携帯電話などのブルーライトを避ける。

・お昼時間に10分程度のお昼寝を。眠れなくても目を閉じるだけでもOK。

・寝酒を飲まない。夜中に目覚める原因になります。

 

私が特に効果があると感じているのは、寝る前の呼吸法です。
寝たままで腹式呼吸を⇒お腹をふくらませながら鼻からゆっくり息をすい、口から細く吐く。これを繰り返します。

■こちらにも書いてますよ⇒気づいたら不眠症改善?

 

それから、夜は真っ暗にして寝るのがよいそうです。
よく眠るためでもあるけど、ダイエットにもお部屋は真っ暗がよいみたい。
というのも、「赤球電球をうけたまま眠ると、肥満度が約2倍になるという研究結果があるそうですよ。フットライトなど、目に届かない光ならよいそうです。

私の場合、夜はお酒を飲むことがけっこうあるし、夜もパソコン使うしで、ダメダメですね^^;

腹式呼吸法やヨガをするようになって、眠れないことってほとんどなくなりました。でも、たま~にどうしても眠れない時は、あきらめて小説読んでたりしますよ。すると、朝方に2~3時間ほど眠れたりします。ちょっとでも眠れるとずいぶんと違いますよね~。

↓↓「ストレスや不安・・なぜか?夜眠れない」をなくすためのちょっとした工夫、参考になりました?^^

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。