スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

「やめたほうが良い意外な習慣」~アンチエイジングのために!

私たちって、アンチエイジングや美肌のために
やることって、いつも何かをプラスすることではないですか?

でも、ときにはマイナスする、つまりはやめることが
すごい重要だったりするんですよね。

なかなか気づかないんですけどね^^;

やめることって、勇気が必要だったり
無意識にしていることは、意識付けが難しいんだけど
やってみると、けっこう効果あったりするみたい!

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

スポンサーリンク

そんな「綺麗な人はやめている」の著者
楊さちこさん。

彼女の美容は、中医学が根拠になっているようです。

52歳とは思えない楊さちこさんだけど、20代で
ファンデーションと冷たい水をやめたそうです。
36歳で枕を使うのをやめたんですって。

 

楊さちこさんが提案している「美容のためにやめたほうが良いこと」
のいくつかをご紹介です。

・高い枕をやめる。(首のしわや肩こりの原因になるため。顔の血行も悪くなる。タオルをたたんだものがおすすめ。)

・全身黒ずくめをやめる。(黒い服は、肌がくすんで見えるため)

・頬杖をつくのをやめる。(顔のシワの原因になる。全身の骨格の歪みの原因にも)

・ファンデーションの使用をやめる。(ファンデーションの使用は肌のダメージを蓄積します。必要なときだけに)

・冷たい水をやめる(冷たい水を飲むと一気に身体を冷やしてしまいます。夏でも常温かお湯がおすすめ)

・8時以降の食事をやめる(胃腸に負担をかけ、肌の修復力を低下させます。)

・毎日のシャンプーをやめる(シャンプーのし過ぎは、過度に脂分を取ってしまいます。パサツキや抜け毛の原因になるので、2~3日おきのシャンプーに)

 

などなど、楊さちこさんやめたほうがよいという習慣は、
ほかにも盛りだくさんあります。

楊さちこさんさんの主張は、いろんな美容法を
あれもこれもとやることで、もっとも美容に大切な
睡眠を削るのはもってのほか、ということ。

いろいろとプラスする美容法をやってみても
効果がなかった女性も多いのでは?
これを機にやめる美容法、試してみませんか?

↓↓楊さちこさんのやめる美容法記事に興味をもったら、クリックを!

アンチエイジング

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。