若がえりメイク術

40代に多い間違ったチークの入れ方と流行りのチークの入れ方

アイメイクには気合入ってるけど、チークの入れ方がよく分からないっていう40代の方多いのでは?

お顔のくすみとりやたるみを目立たなくするには、意外にも「チークの入れ方」が効果的なのです。

という私も昔のメイクの仕方のままで、チークの入れ方が「下すぎ・外過ぎ」なのを発見!

昔ながらのチークの入れ方はシェーディングチークなんだけど、これって老けた印象になりやすいそうですね…実感。

最近の流行りのチークの入れ方なら、くすみがちな40代50代の肌も血色感が出て頬も上がって見えるみたい。

そこで、この春オススメ!大人女性のための2パターンのチークの入れ方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

 

40代チークの入れ方その1

40代のチークの使い方
  1. オレンジ線で囲った部分にチークを入れます。思ったよりも「内側、上のほう」です。
  2. チークパウダーを筆にとったらいったん手の甲で余分なパウダーをはらうと、チークの濃すぎが防げます。
  3. 黒目下の、ニコッとしたときの頬の一番高い位置より少し上のほうに筆をおいて円を描いてチークを入れます。このときの円は頬の半分ぐらい。
  4. こめかみの手前まで、円を描いたブラシをサッともっていきます。

 

こけた頬の場合

ちょっとだけ内側からチークを入れると、頬がふっくら丸く見える効果あり。

 

たるんだ頬の場合

ちょっとだけ上にチークを入れると頬のたるみが目立たない効果あり。

 

山本浩未さんオススメの春の大人チークの入れ方

大人チークの使い方
  • オレンジ線のように、内側に向かって2~3cmチークを入れていきます。
  • すると、グリーン線のように、V字っぽくチークが入ります。

 

チーク入れ方
  • チークブラシに残ったパウダーで、頬の高い位置からこめかみと、半分のハートを描くようにチークを入れると横顔もキレイに。

春らしいふんわりした色のチークがたくさん出回っていますよ。口紅もキレイ色のリップがたくさん出てるみたい。「可愛すぎる!」って思ってたけど、使ってみると今までと違った春メイクが楽しめそうです。

チークの入れ方が真ん中よりになってきてるのは、芸能人やアパレルショップのスタッフさん見てるとわかるけど、若い子のメイク方法かと思ってました。でも、自分でやってみるとなるほど!頬が少し上がった感じに見えていい感じ^^(自己満)。ただし、チークが濃すぎるとアホっぽく見えるので、薄くふんわりと気遣ってます^^;

チークの入れ方は、顔の形や骨格で人それぞれに調整したほうがいいんだそう。なので、毎回鏡を見てチークの位置を微妙にずらしたりして、自分にあったチークを入れる位置を研究中。ぜひ、あなたも参考にしてみて!