スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

シワたるみに効く化粧品とは?常識のスキンケアは間違っていた?

最終更新日:2018年04月11日

ふと、私のやっているスキンケア方法ってあってるのかな?なんて思ったことありませんか?とくに鏡を見て、顔のシワやたるみが目立つようになったな~と思ってしまうとき。。

はたして、目の下などのシワたるみに効く化粧品ってあるのでしょうか?

・顔のシワの意外な原因とは?
・あなたのマッサージは逆効果になってるかも?
・しわやたるみに効く化粧品の選び方は

そんな疑問に答えてくれたのが、あさイチ!で放送された顔のシワの原因や予防についての特集。まさにスキンケア方法保存版です。

スキンケア関連の本を多く手がけている皮膚科医の吉木伸子先生が、お肌の悩みについて答えてくれたんですよ。
私も吉木先生の「美肌のひみつ」という本を持ってます。

しわやたるみに効くスキンケア
↑かなり影響されていますよ^^:

吉木伸子先生は、東洋医学も多く取り入れた、化粧品に頼らない身体の内面からの美肌術を推奨されている方なのですね。

 

シワやたるみの原因

加齢による肌老化がシワたるみの原因と考えられがちですが、実は紫外線による影響がとても大きいのです。さらに、スキンケア化粧品の間違った使い方で肌の老化は加速します。

長年日光を浴び続けていると、皮膚のシミやしわ、時には良性、悪性の腫瘍が現れてきます。
お年寄りの顔や手の甲にみられるこれらの変化は、一般に加齢による老化と思われがちですが、実は紫外線による慢性傷害の結果であり、光老化は加齢による自然の老化とは異なり、適切な紫外線防御対策により防ぐことができるものです。
紫外線環境保健マニュアル 第2章より

シワの原因は紫外線による影響が大きい

事実、紫外線などの環境因が原因の75%もしめているんだそうです。

30代後半になると、20~30年の間、UVAを浴びてきた結果が、シミやシワとして皮膚に出てくるとのこと。

UVBは肌の表面までしか届かない紫外線で、皮膚が赤くなる原因です。UVAが問題で、皮膚の奥深く届くのでシワの原因になります。

加齢はシワの直接の原因にはなりにくいけど、年齢を重ねることで紫外線の影響を受けやすくなります。

ただし、紫外線は、ビタミンBを作ったり、骨を丈夫にします。
紫外線を浴びる場合は、子供で30分程度、大人で15分程度、両手の平を日光に当てるぐらいが目安になります。

 

間違った化粧水の使い方は、かえってシワを増やす

シワを増やしたくない、シワを無くしたいと思い、化粧品の中でもとくに化粧水を必死でつけている時期、私にもありました。でも、これって、無駄だそうです。
他にも、吉木伸子先生のお話には、私たちの常識と思われることが効果なかったり、かえって肌に悪かったりといったことがたくさんありましたよ。

・化粧水をお肌に浸透させようと、肌に抑えこむのはよくない。
・マッサージ効果を期待してのことでしょうが、化粧水をつけながら上に肌を引っ張るのもよくない。シワの原因となる。
・化粧水を2度づけしても肌の乾燥には関係ないと医学的に分かっている。
・洗顔後すぐに化粧水をつけるのも医学的に乾燥を防ぐなどの意味はない。
・コットンを使うと、繊維で肌を痛める、繊維が肌に刺激を与えるので直接手を使ってお化粧水をつけるほうがよい。

吉木伸子先生、ここまで化粧水とお肌の乾燥は関係ないとか化粧水の2度つけは意味がないなど、はっきり言い切ってらしたので、すごい!と思ってしまいました。

佐伯チズさんの美容本で読んで、化粧水をたっぷりふんだんに使うことを実行していたけど、まったく私のシワもシミもたるみも改善せず、かえって悪化した理由がここにあったんですね。

 

 

正しい化粧品の使い方でシワたるみといった肌老化を緩やかにする

気になる肌の悩みを解消するには、紫外線対策や化粧水・保湿クリーム・日焼け止めといったものの使い方を見直すことで、改善される可能性も高くなりますよ。

肌荒れ対策の基本は、「洗顔」「保湿」「日焼け止め」です。この3つを行えば、特殊な治療や高価な化粧品を使わなくても、肌荒れ、シミ、しわなど、皮膚の老化スピードを緩やかにすることは可能です。
女性の健康推進室 ヘルスケアラボ より

 

化粧水の正しい使い方は?マッサージ効果はあるのか?

500円玉くらいの量の化粧水を頬から口や目の周り、額と順に軽~くおさえる程度で完了。自己流マッサージは、顔のシワを増やす原因になるのでやめたほうがよいとのこと。

美容本などに、たくさんのマッサージの仕方があるけれど、あれも逆効果だったのかも?と思うと、ゾッとします。(セルフマッサージを必死でやってた時期があります。でも、私にはまったく効果なかったな^^;)

エステのマッサージもやめたほうが良いのか?という質問では、エステでの軽いマッサージなら有効だそうです。

シワをなくすためとかシワ予防によいのは化粧水ではリン酸アスコルビルが入っているもの、美容液では、レチノールを含んだものが有効だと吉木伸子先生先生がおっしゃってました。
また、シワの原因は乾燥ではないので化粧品では、化粧水よりもセラミドの入った美容液のほうが効果的とのこと。

 

保湿クリームの使い方

・保湿クリームは、第一関節にのる程度の量で充分。
・目の下のたるみやほうれい線に軽くたたくように塗るだけ。
・保湿クリームは、2度付けもOK。

化粧水と保湿クリームのスキンケアを1分ぐらいで 終わらせるのが理想。長くなると、顔の皮膚に負担をかけシミやシワの原因になるので、気をつけたいですね。

 

日焼け止めについて

知っておきたい市販の「日焼け止め」に表記されている意味

SPFの表示⇒UVB(皮膚の表面まで届く紫外線対策)
PA++の表示⇒UVA(皮膚の奥まで届く紫外線対策)
通常SPF30ぐらい。PA+++で外出2時間程度に有効

【日焼け止めの塗り方】
・日焼け止めの液体の場合、顔全体で500円玉くらいの量
・クリーム状の場合は真珠粒の大きさでよい
・頬や鼻など高いところは2度付けする
・2~3時間に1度付け直す必要がある
・日焼け止めを塗ってから15分ほどして外に出たほうがよい。

パウダーファンデーションは紫外線防止になる
リカコさんが、「パウダーファンデーションにUVカット機能のあるものありますよね?あれならどうですか?」と尋ねたら吉木伸子先生が、「はい、紫外線対策になります」とおっしゃっていました。

メイク化粧品でもパウダーファンデーションは軽いので、肌への影響も少なくて良いですね。私も毎日使っています。

※パウダー系のファンデーションなら、紫外線を拡散するので紫外線対策には効果的。

 

 

シワたるみにセラミド化粧品がおススメな理由

吉木伸子先生はなぜ、セラミドを補うべきだといつもおっしゃるのか、気になって調べてみましたよ。

セラミドは水に溶けない脂質のこと。体の水分と角質層にある「セラミド」と結合してお肌がうるおいます。うるおいによって、しわやたるみが軽減されます。セラミドは素晴らしい保湿成分なのです。ただし、残念なことに加齢によって減少するので、外からセラミド成分を含む化粧品で補ってあげるとよいのですね。

また、いくら化粧水でお肌に水分を与えたとしても、セラミドが不足していれば水分は蒸発してしまうだけなので、セラミドを化粧水や美容液で補うことは大切なのですね。

セラミドがスキンケア化粧品に含まれているかどうかは、「セラミド2」とか「セラミド3」といった表記が成分表に書かれています。購入する際には、箱に記載してある成分表を見てみるとよいですよ。

 

クレンジングで肌のセラミド成分を失わないために

お肌のうるおいに欠かせないセラミドは加齢でも減少すると言いましたが、そのほかにクレンジングによってセラミドが失われてしまいます。

クレンジングの際は、こすらずささっと終わらせるのが肌のしわやたるみを引き起こさないコツですね。少々、お化粧や汚れが肌に残っていても、肌にはターンオーバーといって、古い角質が汚れといっしょに自然と落ち去る仕組みになっています。なので私はあまり気にしていません。
クレンジング剤は、洗浄力が強いオイルタイプよりも、マイルドなクリームタイプやジェルタイプのほうがオススメです。

 

セラミドが入ったスキンケア化粧品ベスト3

スキンケア化粧品はいろんな種類が数多く出回っているので、選ぶのに迷いますよね。
そこでもし、顔のしわやたるみが気になるのであれば、セラミドが入っているかどうかを、ひとつの選択基準にしてみてはいかがでしょうか。成分表示を見れば一目瞭然なので、迷ったときにはオススメです。
私が今までに探して使ってきて、いいなと思った、セラミドを含むもの3点をご紹介しますね。

 

【1位】アヤナス
セラミド2がローション、エッセンス、クリームとすべてに入っているのでオススメです。高濃度セラミド成分をうたっているだけのことはありますよね。セラミドにも種類がいろいろありますが、ヒト型セラミドを配合されていますよ。ヒト型セラミドは、人の髪や肌に存在するセラミドと同じ形をしているのだそうです。だから、肌が敏感な人でも使える成分だし、安心なのですね。
アヤナスはオルビス系の敏感肌用基礎化粧品。オルビスは以前も使ってて私の肌に合ってたので、抵抗なく購入して使用しています。
あと、個人的に香りがゼラニウム、ラベンダーといったリラックス効果のある天然植物成分のみを使っているのも気に入っていますよ。
嗅覚って、五感の中でもっとも幸せを感じさせてくれる機能だと言われています。そろそろ更年期突入しそうな私は、毎日使うものだからこそ、そんなところにも敏感です(笑)。
■@コスメでも評判良し。⇒アヤナストライアルセット

 

【2位】ヒフミド
ヒフミドは、小林製薬のスキンケアなんですね。製薬会社のスキンケアなので信頼があるし、私もトライアルセットを使ってみたけど、保湿効果も実感できました。それでリピーターも多く、もはやロングセラーになってます。

ヒフミドはその名のとおり、アヤナス同様に人型セラミドが配合されているんですよ。もちろん、ヒフミド全シリーズに。

お値段の安いセラミド化粧品は合成セラミドや合成疑似セラミドを使っていることが多いんです。人型セラミドだとそういった合成セラミドの3倍の保湿効果っていわれています。というわけで、ヒフミドの本体価格も、まあそれなりのお値段です。(でも、アヤナスよりはお安い・・)

セラミドがウリのヒフミドで好きなんだけど、ただね、無香料なだけに、私には物足りないのです。あと、容器がシンプルなのも物足りないの(^^;)
アヤナスだとアロマのような香りが楽しめるし、容器も赤でかわいいんだけど。逆に、香りにこだわりのない人や香りに敏感で苦手な人、シンプルな容器が好きな人にはいいですよね。

セラミド効果を実感するにはトライアルセットでも充分⇒小林製薬のヒフミド ←かわいいバッグのおまけ付き。

 

【3位】メディプラスゲル
吉瀬美智子さんの「余計なことはせず、オイルフリーのクレンジングでメイクを落としたら、化粧水&美容液のオールインワンを塗るのみ」というコメント。雑誌『からだにいいこと』で読んでから、女優さんもオールインワンって使うんだぁ!と、がぜん興味をもった私です(。・・。)

使用者の声をもとに、度々リニューアルされるのがメディプラスゲル。
美肌の湯で有名な出雲・玉造(たまつくり)温泉の温泉水がベースっていうのがいいですね。温泉入るとお肌スベスベになりますもの。
洗顔後にこれだけ、ということは、お肌をこする回数が激減するという点も魅力です。プッシュ式で楽ちんなのも好き。

以前は、べたつき感が気になったり、量が多すぎたりこすり過ぎると、ポロポロとダマになるのが嫌でした(-_-;) 2016年5月リニューアル時にかなり改善されていたのですが、もうちょっとといった感じだったのです。それも2017年11月1日リニューアルでは改善されてます。顔にたっぷりつけてみたのですが、ポロポロしたものを感じなくなってびっくり!なんだか、パックをしたような心地よさになりましたね

セラミドはストレスでも減少するんですね。だから、メディプラスゲルに含まれているのも、肌なじみが良く浸透しやすい人型セラミド。
以前のメディプラスゲルには、セラミドEOP、セラミドAPとセラミドNP配合でした。それがリニューアル後は、さらにセラミドNGとセラミドAGも加わって5種類の人型セラミド配合となっていますよ。セラミドに力入ってますね。

あとメディプラスゲルがすごいと思うのは、肌の刺激物となる防腐剤や界面活性剤などの無添加に成功したスキンケア化粧品ってところ。

■オールインワン好みの方にはオススメ。といっても私、使ってみて気に入らなかったら全額返金してもらうつもりでしたよ(笑)⇒メディプラスゲル

※スキンケア化粧品に含まれる美容成分にもいろいろありますが、中でもセラミドが注目されている大きな要因。それは、人の肌に存在するセラミドは、もともとがお肌の一番外側にある角質層にあるものだから。つまり、肌の奥深くにまで浸透しなくても、お肌に塗ってあげるだけで、その効果が期待できるからなのですよ。

 

 

まとめ

「美肌のひみつ」の著者、吉木伸子先生が答えてくれた顔のシワやたるみの原因や予防策。そして肌の乾燥を防ぎ、うるおいのある美肌になる化粧品成分とは?
私が常識と思ってやっていたいくつものスキンケア方法が、意外にも間違っていたと気づく。

シワやたるみの原因
シワは加齢よりも、紫外線などの環境が75%の原因
ただし、紫外線は、ビタミンBを作り骨を丈夫にするなどの働きがあるので、大人でも15分程度は日光を浴びたほうが良い。

間違った化粧水の使い方は、かえってシワを増やす
化粧水をつけるときは肌を抑え込まない、引っ張らない。
コットンの繊維で肌を痛めることもあるので注意。

正しい化粧品の使い方でシワたるみといった肌老化を緩やかにする
紫外線対策とスキンケア化粧品の使い方を見直す。

化粧水の正しい使い方は?マッサージ効果はあるのか?
・使う化粧水の量は、500円玉程度の量
自己流マッサージはしわの原因となりやすい(たまに、エステなど専門家にやってもらうのであれば有効)
しわに効くのは化粧水よりもセラミドの入った美容液

保湿クリームの使い方
・保湿クリームは少量を、目の下やたるみ、ほうれい線に軽く塗る程度でよい。
時間をかけたスキンケアは肌のシミやシワの原因となるので、1分程度で行う

日焼け止めについて
・液体の日焼け止めは500円玉くらいの量で、クリーム状だと真珠粒ていどの量。2~3時間に1度塗りなおす。
パウダーファンデーションも紫外線対策となる。

シワたるみにセラミド化粧品がおススメな理由
セラミドは肌の保湿成分。加齢で減少するが、肌の一番外側にあるために外から補いやすいのが特徴。外側から補うには、化粧水や美容液にセラミドが含まれている化粧品を選ぶとよい。

クレンジングで肌のセラミド成分を失わないために
肌の角層にあるセラミドは、クレンジングでも失われやすいので、さっと終わらせるのがコツ。
お化粧が少々残っていようと、肌のターンオーバーにより古い角質に混ざってと肌の汚れとともに落ちるので、あまり気にしないで良い。
クレンジング剤は、洗浄力の強くないクリームタイプかジェルタイプが好ましい。

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳肌(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。