スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

自然に白髪にする方法は?グレイヘアやシルバーヘアを綺麗に見せる3つのポイント

白髪染めをするのって面倒ですよね。60代になったら白髪を染めるのをやめようと思っていました。でも最近は、シルバーヘアやグレイヘアといって、特集する雑誌が増えています。それを見るたびに、白髪染めをやめたくなるのです。

雑誌に載っているグレイヘアの女性のように、きれいな白髪にするにはコツがあるのでしょうか?

とくに気になるのは、白髪を染めた状態からグレイヘアへ移行するまでの間のこと。そして、老けて見せないにはどうしたらいいか、といったこと。今回は、それらについて調べてみましたよ。

スポンサーリンク

白髪を染めない髪にしたい理由

私の白髪染め方法は、当初からクイーンズヘナを使っての自分染めです。市販の白髪染めに比べて、ヘナは新しく生えてきた白髪が目立ちにくいねと周りから言われます。

それでも白髪が増えてきた最近では、生え際の白いのがすぐ目にかかって気になります。それを見ると、うんざり・・。

白髪染めを始めた当初は2ヶ月に1度で良かったのが、次第にひと月に1度になり、今は3週間すると生え際の白髪が目立って仕方がありません。

美容院で普通の白髪染めだと安いお店もあるようですが、ヘナ染めだとお値段高めです。

それに、ヘナ染は時間がかかります。短くすると染まりませんからね。その美容院での待ち時間ももったいなく感じます。

自分で自宅でヘナ染めするのは簡単だし、嫌ではないのです。でも、それも冬になるとストレスを感じます。ヘナで染める間も放置する時間も寒いからですね(-_-;)

 

 

白髪染めをやめてグレイヘアへの移行方法

ヘアカラーで染めていない場合は、ブリーチをして黒髪を明るくするというやり方があります。

つまり、白と黒とグレーを混ぜ合わせ、コントラストをあいまいにし、白髪を目立ちにくくするのですね。

自然と自分の白髪が増えてくるのに伴い、ブリーチする量を減らしていく方法です。

すでに白髪染めをしていてパーマをかけている場合は、ブリーチを使うのは髪への負担が大きくなります。

それでブリーチは使わずに、全体はハイライトで明るくし、顔周りはハイライトとローライトにするなど、美容院でカラーをぼかして染めてもらいます。

自然に白髪が増えてきたら、グレーのカラートリートメントなどを自分で使ってみる。こういったことを繰り返しながら、徐々に白髪染めをやめていきます。

これら2つの方法は、美容師さんに相談しながらですから、美容師さんの腕にかかっているともいえますよね。

私もそれとなく、グレイヘアのことを担当の美容師さんに話してはみたのですが、印象としてはグレイヘアはおススメしていない印象でした。
想像するに、美容院では白髪染めのカラーリングでの収益が大きいから、白髪染めをしないグレイヘアの人が増えるのも困るのではないでしょうか^^;

髪の健康を考えて、ブリーチやカラーリングをしたくない場合は、ウィッグか帽子の活用でしょう。古典的ですが、結局はこれがもっとも自然に髪全体を白髪にする方法ですよね。

最近では様々なウイッグが、お手頃価格で販売されてるとはいえ、やはりそれなりのものだと数万円します。

私だったら、日頃からおしゃれな帽子をかぶる習慣を身につける。あと、まわりの人には白髪染めをやめたと話すかな。

というのも、白髪をヘナ染めしていた母が、白髪染をやめてグレイヘアにするためにウィッグを購入したのです。でも、つけるのが面倒くさいようで、全く使っていません。ウィッグは、5万円ほどで買ったといっていましたよ。いつも帽子をかぶっています。。

ちなみに、実家の母は、ヘナで染めると頭皮がかゆくなるようになったのだそうです。これではヘナ染めを続けるのは無理ですよね。それに、シルバーヘアブームにのってか、母のまわりの高齢者も白髪染めをやめる人が多いので、自分も!と思ったようですよ。

人気のおしゃれなシルバーヘア

(雑誌ku:nelでも、シルバーヘアの特集がありましたよ)

 

 

白髪のきれいな人になる3つのポイント

白髪を染めないと一見、身だしなみを怠っている、ただのずぼらな女であるかのように思われがちです。

白髪のきれいな人になるには、白髪染めしているとき以上に身だしなみには気を配りたいものですね。

 

肌にツヤを与える。たとえば、ファンデーションにイルミナイザーのようなハイライトカラーを混ぜて使う。

リップは赤系を使用する。唇の輪郭を丁寧にふちどるのがおすすめ(白髪は輪郭がぼやけるので、口紅は必須)

白髪にパサつきはNG。アウトバストリートメントを使用する。スタイリング剤はツヤを与えるオイルやミルク、ヘアバームがお勧め。

※アウトバストリートメントとは、お風呂上りに使う、洗い流さないトリートメントのこと。ヘアバームはミツロウなどの脂質を原料にしたもので、自然派志向の方に好まれていますよ。

 

 

シルバーヘア、グレイヘアの良いところ

・髪のお手入れをがんばれば、グレイヘアやシルバーヘアはまだまだ珍しく、でも話題になっているため、おしゃれな人と見られ「素敵な白髪ですね」と言われるようになる。
・白髪を染めないのでとにかく楽。
・美容院に行く時間がうく。
・自分で染める手間が省け、生え際の白髪が伸びても気にならないのでストレスにならない。
お金もかからないし、開放感を感じられる。

グレイヘア雑誌クウネル

(雑誌クウネルには、外国の方のみならず、日本人の素敵なシルバーヘアにグレイヘアの方がたくさん載っていて、未来への希望がわきましたよ^^)

 

白髪を増やさないために

グレイヘアにする勇気がまだ充分ではないので、とりあえず、白髪を増やさない生活を心がけようと思います。それには、呼吸と洗髪方法が大きく影響することが分かりましたよ。

ストレスを減らす

白髪ができる原因には、毛根にある色素幹細胞の機能低下が原因の一つといわれています。

不安やストレスが多くなると呼吸が浅くなり、体内は酸素不足になりがち。
体の中の活性酸素は増え、血流も悪くなります。

すると、色素幹細胞の機能が衰えて白髪ができるのです。

不安やストレスを感じることに気がついたら、胸をトントンと叩くと気持ちが落ち着きます。お母さんが赤ちゃんにしてあげるのと同じことを、自分にしてあげると効果がありますよ。

さらに、深呼吸を行うことで多くの酸素を体内に取り込めます。呼吸法は腹式呼吸がお勧めですよ。

たくさんの酸素を体内の隅々まで行き渡らせることで、体の細胞は活性化します。血流もよくなり髪にも栄養が行き届き、黒髪にも良い影響を与えてくれるのですね。

 

洗髪方法を見直す

髪を健康に保つためには、頭皮環境をよくすることは欠かせません。シャンプーのときに、指を立てて力を入れ、ゴシゴシ洗っていませんか?

その洗い方だと頭皮を乾燥させます。シャンプーは洗浄力がマイルドなものを選び、頭皮に刺激を与えないようにすることが大切です。

頭をきれいに洗おうとすると、ついつい指を立ててしまいがちです。爪が頭皮に当たらないように、指の腹を使って髪全体に泡をなじませるようにやさしく押し洗いするのが肝心ですよ。

私は、毎日はシャンプーしていません。しかもシャンプーは無添加の固形石鹸を使っていますよ。美容院でこのことは話していませんが、美容師さんに「髪に変なうねりや癖がなく、手入れが良いですねと褒められて嬉しかったです^^;

 

まとめ

白髪染めは面倒で、冬は寒く、染めるのをやめたいと思うのですが、きれいなグレイヘアになるまでには、多くの不安や疑問、問題があります。

グレイヘアへの切り替え方
・美容院で黒髪をブリーチして、黒・グレイ・白の髪を作り、髪色のコントラストを減らす。

・美容院で曖昧なカラーリングにしてもらって、白髪が増えてきたら自分でグレーのカラートリートメントを使うなど、徐々に白髪染をやめていく、

・ウィッグや帽子を使って白髪を隠す

白髪染めをしないと怖いのが、一気に老けて見えること。ですが、身だしなみやメイク、服装にこだわることで、逆にグレイヘアであることを個性としてオシャレに見せることもできます。

・メイクはファンデーションやハイライトクリームなどで顔にツヤを足したり、赤いリップを使う。
化粧下地にワセリン肌に刺激の少ないラロッシュポゼUVイデアXLティントで紫外線防止と艶出ししてます。)

・髪にはアウトバストリートメンなどでツヤを与える

何よりグレイヘアはお金がかからないし楽。白髪を気にするストレスがなくなりますよね。しかも、カラーリングしないから髪が健康になります。抜け毛や薄毛の悩みも解消されるのでは?という期待もできます。

グレイヘアへの憧れはあるけど、まだ勇気がないときは、グレイヘアへの移行を考えつつ、白髪を増やさない工夫をしてみましょう。

ストレスによっても白髪が増えるので、不安やストレスをなくすために深呼吸をする。また、シャンプーで頭皮を乾燥させることなく、頭皮を健やかに保つことも心がける。こういった心がけだけでもきっと、髪によい影響を与えるはずですからね。

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。