老けない人の知恵袋

綺麗で正しい歩き方とは?靴やパンプスの選び方から始めよう!

正しい歩き方とか綺麗な歩き方ってよく分からないです。とくにハイヒールどころかローヒールも苦手で、パンプスをはくとロボットみたいにぎこちなくなる私です(汗)。

そこで、綺麗な歩き方ってどうやるんだろう?と思い立ち、調べてみましたよ。
私には、ちょっと練習が必要のようですが・・。

スポンサーリンク

靴の正しい選び方

綺麗な歩き方をするには、まず靴選びが重要です。

靴を履き、つま先に体重かけて、グイッとかかとを上げてみます。
すると、かかとがパカっと脱げてしまうときありますよね。これは、大きさがあなたの足に合っていない証拠です。

また、靴の中で、足が前にズレてしまうものも靴が足よりも大きいってことですよね。

つまり、上の状態で脱げないズレない靴を選びましょう。

スニーカー類はやや大きくてもどうにか履けますが、パンプスはダメですね。大きいサイズだと歩くたびにパカっとかかとが脱げて最悪の経験あります。パンプスの中にシートを敷いたり、シリコンみたいなのを入れてみたりしたけどダメでした。ホント、履けないです。

しかも、足に合っていないサイズの靴は、ヒザに負担をかけるのです。靴のサイズをピッタリに選び直したら、長年のヒザの痛みが治ったという人もいらっしゃるくらい靴のサイズ選びは大事なんですね。ぜひ、パンプスだけじゃなくどんな靴も実際に履いてみて、選んでくださいね。

 

正しい姿勢を意識する

まっすぐに立ってみて、かかとをそろえます。両方の足の間はこぶしが1個入るくらいのVの字に広げて立ちます。(下の画像のように)

このとき、くるぶしがつくのは、前のめりになっている証拠。重心をかかとにもってくると、くるぶしとくるぶしがつかなくなるはずです。

前のめりの姿勢の他にも、反り腰やねこ背も良くない姿勢ですね。なんていってる私は反り腰で気を抜くとすぐねこ背になってしまいますが・・汗。

反り腰の治し方⇒お腹がぽっこりになってお尻が横に広がるのは『反り腰』のせいって知ってた?

綺麗な歩き方

綺麗な歩き方。
・画像のように、足はVの字にして立つと内側の筋肉を使うので足が綺麗になります。

・歩く際の着地は、かかとからが基本。ただし、ヒールがある場合はかかとからではなく、足全体で同時に着地します。

・美しい歩き方に見せるには、1本線の上にかかとがのっかるように(画像に描いた位置)意識して歩きます。

・歩幅は、ヒールが高くなるにつれて狭くします。

街で、ハイヒールはいてさっそうと綺麗に歩く女性もいれば、前のめりになってぎこちなく歩く女性もいらっしゃいますよね。

一時はハイヒールに憧れて頑張ってはみたけれど、どうしても靴ずれするのでローヒールだけにしています。しかも、短時間で^^;

きっと歩き方以前に、姿勢に問題があるのでしょうね。あ、靴選びにも!

ハイヒールは諦めたとして、ローヒールパンプスやおしゃれな靴はいて、綺麗で正しい歩き方ができるよう意識していこうと思っています。

↓綺麗な歩き方の女性はやっぱりステキですよね。あきらめないで気長にガンバロ^^
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ