老けない人の知恵袋

顔の老化防止のために今すぐやめたい7つの生活習慣!

自分では普通のつもりの生活習慣が、老け顔の原因になっていることが多いんですね。習慣だから、知らず知らずのうちにそうなっているってところが怖いです。

私もこれまでの多くの生活習慣が悪かったことを最近になって知り、慌てて気を付けているところですが、習慣になっているだけに、なかなか直りにくいですね。

スポンサーリンク

一日も早く、老け顔の原因となる悪い生活習慣を知り、少しでも老けを遅らせるために活かしていきませんか?

PCを長時間利用すると、シワの原因になる。

PCを長時間見ることで、目に負担をかけてしまいます。目の周りの筋肉にも負担がかかって、疲れることに。

すると、まぶたの開け閉めが困難になり、目を開けるのに額が一緒に動き、額にもシワができるようになります。

パソコン作業は、休息が大事ですね。といっても、なかなか休息ができずにいる私‥・汗

せめてとの想いで、PCメガネやパソコンフィルムを愛用中ですが、長時間作業していると、目の周りがうっ血しているのが分かり、鏡を見てゾッとします・・。

 

アンチエイジング

ほおづえをつくと、ほうれい線の原因になる。

どちらかいっぽうだけでほおづえをつく癖ができていませんか?

そうなると、顔が、次第にゆがんでくるのです。

ほおづえをつくことで、ほうれい線の深さや長さも左右違ってきて、老け顔になります。

ほおづえは、あごにも悪いんです。私は以前、あごがいきなり痛くなって、口が開かず食事がしづらく、大変な思いをしたことがあります。そう、顎関節症になったのです。

それからは、顎関節症予防のために、ほおづえをつかないようにしていますよ。

でも、ときどき知らぬ間にほおづえついてます・・汗
(ほおづえをつく方は、お気をつけて!)

 

食事のさい、いつも同じ方の歯ばかり使ってると顔がゆがんでくる

片方だけで噛んでいるうちに、筋肉にも差が出るようになり顔がゆがんできます。

そしてなんと、ゆがみはシワの原因にもなります左右両方で噛むようにしましょう。

この噛み癖もあごに悪いんですよね。これも顎関節症の原因と知って、意識して、両方で噛むように心がけているところです・・汗

どうしても、片方だけで噛む癖がある人は、食後に、いつも噛まない方でガムを噛むようにするのもおススメ。

 

ついつい早食いになってませんか?

早食いは、噛む回数が減るので、あごの筋肉が衰えます。

そうすると、顔の輪郭のたるみにつながることも。

食べ物を多く噛む習慣をつければ、噛むことで食物の甘みも増し、満足感を得られます。

甘いモノが食べたくなるのが減って、ダイエットになるかもしれませんね。回数を多くゆっくりしっかり噛むと、いいことばかり。しかも、次の食事からできますよ。老け顔になる悪い習慣

食事で噛み足りないときには、これまたガムを利用するといいですね。

枕があなたの首にあっていないと、首のシワの原因に!

なんと、人によっては、枕をしないほうが良い人もいます。

枕の高さが合っていないと、首のシワの原因になるほかにも、熟睡のさまたげになります。

あなたにあった高さに枕を調節してくれるサービスもあるので、利用してみるとよいですね。私も、マイ枕を使用していて、1年に1回くらい、枕の高さを調節してもらっています。

私の友人は、偏頭痛がひどくて、病院に行ったら、枕をバスタオルに変えるよう(バスタオルをたたんで、丸めたもの)指導されたそうですよ。

首のシワ予防だけじゃなくって、健康にも枕の高さって重要です。

うつぶせ寝を続けると、首のシワの原因になる可能性がある

片方を向いてうつぶせ寝で寝るのは、不自然な体制になるのでゆがみを生じてシワの原因になることも。顔を枕で圧迫されるという点でもうつぶせ寝は良くないといわれています。

むくみやすい私は、うつぶせ寝で寝てしまった日の翌朝は、まぶたが腫れています。最初は原因が分からなかったのですが、うつぶせ寝で寝たときだ!と分かってからは、決してうつぶせ寝で寝ないようにしています。。

あごを引いているつもりが、顔が下を向いて2重あごになる

女性のあごが上がっていると、あまり美しいものではありません。

そこで、あごを引いたつもりが、ただ下を向いているだけの場合が多いのです。顔が下を向いてしまうとあご下のハリがなくなり、脂肪がたまって2重あごになります。

また、のどの通りが狭くなるために、浅い呼吸となってしまいますよ。

長時間その姿勢を続けていると、さらには首の後ろが引っ張られるために、首や肩のコリとともに、ストレートネックになってしまうこともあります。

あごを引くときは、あごは耳に向かって斜め後ろにひくようにするのが正解。

とはいえ、これが難しいのです。私はすでにストレートネックと、整体師さんからいわれてしまいました。ショックです。確かに、いつもパソコン作業で下を向いていますからね。

ぜひ、テレビを見るとき、パソコンするとき、スマホを操作するとき、立っているとき、などなど、気を付けてみてくださいね。私も気をつけます(:_;)

 

以上、顔の老化防止のために今すぐやめたい7つの生活習慣でした。

年齢を増すと、顔に小じわが増えたり、やや顔の皮膚がたるんだりといったことは、仕方ないかな~と。

でも、顔の老化を促進してしまう、悪い生活習慣は今すぐやめるべき!と、気をつけようって強烈に思います。

といっても、どれも癖になっていると、なかなか直せないもんなんですよね~^^;

なんて言い訳してないで、意識して、がんばります。