若がえりメイク術

目のたるみやくすみ、くぼんで小さくなった目を上品に大きく魅せる!

40代後半くらいから?目の存在感が薄くなっているような気がします(汗)。目のまわりのたるみやくすみ、アイホールのくぼみ、白目のにごりと、あげれば悲しくなるほど出てくるものですね..。

といっても、ここでめげている場合ではありません。これからの時期は、忘年会に新年会、同窓会と、多くの行事が待っていますからね。

こういったくぼみやたるみのせいで、小さな私の目はいっそう小さくなった気がします。目ヂカラも不足しているような~。だからこそ、アイメイク効果が大きく映える年齢でもあるんですよ。(と、自分を奮い立たせてみる・・)

小さくなった目を適度に大きく見せ、アイシャドウの色は抑えつつアイラインやマスカラでぼやけた目の輪郭をキレイに見せる。

ナチュラル上品に仕上げたいアラフィフアイメイクこそ、ひとつひとつ丁寧にやる必要があるのです。

スポンサーリンク

たるみで小さくなった目を適度に大きく見せるアイメイク方法

①コンシーラーをアイホールとクマの気になる目のまわりに点々と置きます。目尻部分の影になりやすいところもお忘れなく。点々と置いたコンシーラーは、中指の腹でなじませますよ。

(目元になじみやすいのは、リキッドタイプのコンシーラー。色は、イエローが日本人のお肌に合いやすいみたい)

②パールベージュのアイシャドウをチップで、アイホール(上のまぶた全体)にのせます。これを指の腹でなじませますよ。

パールのアイシャドウを使うと、たるんだまぶたにハリ感がアップしてくれます。

③まつ毛の生えているきわにアイラインを引きます。

アイラインは、リキッドタイプでまつ毛の隙間を埋めるように引くと上手にナチュラルに引けますよ。不器用な私はこの方法が一番やりやすいです。
やり方はこちら⇒ナチュラルなアイラインをうまく引く方法とマスカラを2本使いにする理由!

ほかには、ペンシルタイプのアイライナーで、まず、目頭から目の中央へアイラインを引き、次に目尻の1mmぐらい外から目の中央に向かって引くとやりやすいという人もいます。
試してみて、あなたがキレイにアイラインを引ける方法でやってくださいね。

④目尻の外側のアイラインを綿棒で軽くなでて先端を細くすると、上品な目元に仕上がります。(面倒だったらやめましょうー^^;)

⑤アイラインにダークブランのアイシャドウを重ねて塗ると良いそうです。
(私も何度かやってみましたが、どうもケバくなるので、やめました)

⑥マスカラを塗る。マスカラのブラシは、左右に揺らしながら毛先に向かって塗ります。

下まつ毛は、マスカラを縦にして、1本ずつ軽く塗ります。

⑦下のまぶたの目頭のほう(目の3分の1くらい、黒目の手前まで)にパールベージュのアイシャドウをハイライトとして細くのせます。
これを指の腹で軽く馴染ませておきます。

下まぶたのハイライトは若い頃はまったく使ってなかったのですが、50歳手前くらいから使い始めました。
このパール感あるハイライト効果は、アラフィフのにごりがちな白目をキレイに見せてくれる効果がありますね。

 

40代50代~アイメイクがキレイにできないお悩みと解決法

Q:ビューラーを使っても、まつ毛にキレイなカールができない。
A:まつ毛の根元をビューラーで挟んだら、ひじを上げながら手首を外の方に返します。
ビューラーの回転も加わることで、まつ毛のカールができやすくなります。

Q:メイク直ししたら、厚塗りメイクになってしまう
A:両手をすりあわせて温め、指の腹で崩れたメイクの部分をそっと押さえてなじませるだけにします。

メイク崩れの原因はメイクのよれなので、肌にならすだけでOKなのです。

Q:アイメイクしたら、時間がたつとパンダ目になります。
A:ルースパウダーをパフにとって、まぶたに軽くなじませて肌の表面の油を押さえておきます。すると、パンダ目も防げるはず。
油分がまぶたにのこっていることで、アイシャドウやマスカラがにじんでパンダ目の原因となるからです。
※私も同じように悩んでいたので、実際にやってみましたよ→パンダ目にならないアイラインやマスカラでもダメだった私が見つけた目の下が黒くならない方法

Q:まつ毛が細くなって弱くなったせいか、マスカラを塗るとまつ毛が下がります。
A:マスカラの重みのせいか、まつ毛が下がりがちになることがあります。
そんな時は、マスカラの代わりにつけまつげがオススメです。40代50代からのナチュラルメイクには、つけまつ毛を全部使うのではなく、半分より少し短めにカットして使います。
つけまつげは、軸が透明なタイプを選ぶといっそうナチュラルに仕上がりますよ。

半分よりも短めに切ったつけまつ毛に専用の糊をつけて、目尻につけます。
このとき、目尻側の毛が長くなるようにつけますよ。ピンセットを使うとつけまつ毛がつけやすいです。

まつ毛が淋しい目尻部分につけまつ毛をつけると、まつ毛の密度が濃くなるので嬉しくなります(笑)。

私のまつ毛も密度が薄くなって寂しくなってきていました。それで、まつ毛美容液を使っています。本当は1日に2度つけるのですが、面倒で1度だけ(汗)。

それでも、まつ毛の生えている密度が濃くなっているのが分かります。まだ1本使い終わっていませんが。

ただし、期待していたまつ毛の伸びですが、これはあんまり伸びていません。でも、まったく伸びていないわけではなく、伸びているのはビューラーでまつ毛を上げるときに分かりますよ。ちょっとの伸びでも・・(笑)

まつ毛美容液はお値段いろいろ使ったけど、どれも変わらない効果だったので、楽天で買ったプチプラなこれで充分⇒スカルプDまつげ美容液 ピュアフリーアイラッシュ

ナチュラルアイメイクとはいえ、けっこう小さなお目々がしっかり開くので、ノーメイクとはかなり違ってきますよね。なんだか騙しているようで悪いな~なんて思いつつ、騙されたほうが幸せってこともあるよね、なんて言いわけもしながらメイクする私です。

たるんでしぼんだ目元を開いて上げると型崩れした目元もしっかり(笑)。気持ちも変わるので、表情もイキイキしてくる気がします。街で鏡に写る自分を見るのも、ちょっぴり楽しくなりますよね。

スキンケア化粧品で目のまわりのたるみやしわをどうにかしたいな~って思ってるんなら、あさイチ!で放送されたこちらも参考になりますよ。皮膚科医の吉木伸子先生アドバイスです⇒常識のスキンケアは間違っている!成分で選ぶスキンケア化粧品の選び方