若がえりメイク術

ビューラーとアイライナーは不要?マスカラのアイライン効果でぼやけた顔立ちもはっきり!

50代や60代の女性って、マスカラは不要だと思いますか?
私は50代になったからこそ、マスカラが必要だと思うようになりましたよ。なぜなら加齢にそって、目元がぼんやりして寂しくなるからです^^;

とはいえ、アイライナーやビューラーが苦手な女性って多いのではないでしょうか。そういう私も苦手です。
そこで、いまさらなのですが、これが大丈夫なのです。マスカラだけでも、ナチュラルなアイライン効果が手に入るんですよ。ご紹介しますね。

スポンサーリンク

まつ毛とまつ毛の間に隙間ができると老けて見える

以前は肌断食をしていたのでノーメイク

でも顔のシミが気になるようになってからは、色付きのUVクリームを使うようになりました。そのときも、アイメイクは必要ないと思って使わずにいたのです。

ですが最近、まつ毛とまつ毛の間に隙間ができたような気がして、気になるようになったのですね。

そんなとき、同年代や60代女性のまつ毛に目がいきます。すると、やはり自分と同じように、まつ毛がまばらになっているように感じるのです。とくにビューラーを使って、まつ毛がしっかり上向きになっている大人女性ですね。

やはり、私たちって、まつ毛が減ったのでしょか(T_T)

とにかく周りを見て思ったのが、何かしら目元メイクが必要だなと言うこと。

でも、アイライナーやビューラーは使いたくありません。それで、マスカラだけでまつ毛の根本をしっかり塗れるように工夫してみましたよ。

できればアイライナーを使いたくない理由

アイラインは、まつ毛とまつ毛の間の隙間を埋めるように描くと、きれいなラインができるのは実感しています。瞳も大きく見せる効果がありますよね。

ですが、そのときについ、目の粘膜にもアイライナーがついてしまいそうで、なんだか怖いんですよね。粘膜の部分にアイライナーを使うと目の中に入りやすく、炎症を起こす可能性があると言われているんですよ。

ビューラーが苦手な理由

私はアイライナーだけではなく、ビューラーも苦手です。
ビューラーは、まつ毛の根元からしっかりまつ毛を上げるのがポイントですよね。

もともとまつ毛が短い私は、50代になってさらに寂しくなったまつ毛を上げるのに苦労していました。ビューラーで短いまつ毛を挟むのは難しく、ついまぶたも挟んでしまうのか、とても痛いのです。

せっかくがんばって上げたまつ毛ですが、細く腰がないせいか、しばらくするとまつ毛は元の位置に下がっています。痛みを我慢した割には、あまり効果がないんですね。

しかもビューラーを使うと、気を付けてはいても、まつ毛が抜けやすくなる可能性は避けることができません。少なくなったまつ毛は1本でも大切です。だから、あまりビューラーは使いたくないのですね。

ちなみに、ビューラーは次の2点に気を付けないと、さらにまつ毛が抜けやすくなりますよ。
・ビューラーのゴムはこまめに変えること。
・ビューラーを先に使ってから、次にマスカラをつけること。
この順番が逆だと、マスカラがビューラーについてしまい、マスカラ液の粘着力でまつ毛が引っ張られて抜けやすくなるのですね。

 

まつ毛美容液を使って、まつ毛の隙間を埋める

寂しくなった目元を若々しく見せるには、まず、まつ毛とまつ毛の隙間を埋める必要があります。

ビューラーを使うにしても、まつ毛とまつ毛の間に隙間があると、上げたまつ毛の隙間が目立ち、老けて見えます。

まつ毛エクステをすることも考えたのですが、エクステした友人が、ビューラー以上にまつ毛が抜けるというのを聴いてやめました。

まつ毛パーマを数回したこともありますが、ひと月も持たないし、減ったまつ毛が増えることもありません。

それで私は、長いこと、まつ毛美容液を使っています

何種類ものまつ毛美容液を使ってまつ育を試みてきました。でも、結局どれを使っても効果は似たようなものです。

ただし外国製のものは成分がちょっと怖いので、日本製のものしか使っていませんよ。安いものが良ければ、スカルプDのまつ毛美容液(安いほう)でも充分だと思いました。

2倍のお値段のスカルプDまつ毛美容液がありますが、肌にやさしいとのことなので、成分が違うようです。ただし、効果はお値段が高いものと変わらないように感じましたよ。

まつ毛美容液には、目に染みるとか色素沈着するとかいった感想もときおりありますが、そういったものは外国製に多いのでしょうか。私が買った日本製のまつ毛美容液では、どれも大丈夫でしたよ。
いろいろと試してみました→4種類のまつ毛美容液を使った感想と比較書いてます

まつ毛美容液を使うと急激にまつ毛が増えるとか、もともと短かったまつ毛がつけまつ毛のような長いまつ毛になるとかいった変化は、全くありませんでした。
ただ、減ってしまったまつ毛が、昔くらいに増えが気がするな~、まつ毛とまつ毛の隙間がなくなってくきてるな~といった実感はできますよ。

ただし、まつ毛美容液を使わないでいると、またまつ毛が減るので、使い続ける必要があります。それがデメリットのように感じますが、もはや手放せません^^;

50代からのメイクはナチュラルなメリハリメイクがオススメ

50代女性では、凝ったアイメイクは必要ありません。目元が強調されると、若々しくなるどころか、痛々しくなりがちです。年齢にあらがうことなく、ぼんやりした顔にメリハリをつける程度のナチュラルメイクにこそ品があります

そうなると、もともとお化粧映えしない私のような地味な顔立ちの女性には、嬉しい気がします(笑)。

短く少ないまつ毛にふさわしいマスカラのハケと色

日頃の私は、いずれも石鹸で落とせる、UV クリームお肌にやさしいミネラルファンデーションミネラルチークだけを使っています。

おしゃれをしてお出かけする時だけアイメイクをするのですが、そんな時は目元が寂しいので、アイライナーは欠かせません。

でもなんか、アイライナーって苦手。まぶたの裏を汚して、目に悪いような気がするのです。

そこでマスカラだけで、アイメイクの工夫をしてみましたよ。

その前に、マスカラってハケが真っ直ぐなものと扇型の物がありますよね。

普通にマスカラ塗るには扇型に婉曲な物が、短くて少ないまつ毛には塗りやすいです。でも、今回の塗り方は、画像では、左側の茶色のマスカラようにまっすぐになったハケのほうがやりやすい気がしますよ。ま、どっちでもイケますけどね。

ついでに、茶色のマスカラですが、メイクアンドアーティストの山本浩未さんが以前、茶色のマスカラをオススメされていたので購入したんですね。でも、私が使った茶色マスカラの感想は「目元がぼやける。マスカラ効果が感じられない」といったものでした。茶色のマスカラ使いたくないけどもったいないので、茶色のマスカラ塗った上から黒のマスカラぬるみたいに、ボリューム出しに使っています。

短く少ないまつ毛でも綺麗にぬれるマスカラの塗り方

50代の私のリアルな目元ではグロテスクになるので、ダッフィーちゃんでご紹介します(笑)
まつ毛は100均のつけまつ毛、可愛い~

まず、ビューラーでまつ毛を上向きにしておきます。

次に、たるんだまぶたを指で上に上げておきます。これでまつ毛の生えぎわが見えますよね
ここで画像のように、マスカラを縦にして、まつ毛の生え際から先端に向かって、1本ずつ丁寧にマスカラ塗っていきます。

このマスカラの使い方は、下まつ毛にマスカラを塗る時のやり方ですね。

少なく短いまつ毛だと、マスカラを横にしてまつ毛に塗っても、なかなか上手に塗れませんよね。

でもこれだと綺麗に塗れるし、仕上がりがきれいな扇状のまつ毛になりますよ。

マスカラを横にして持ち、上まつ毛にマスカラを塗ると、私はマスカラが上まぶたについてしまっていました。(まつ毛が少なくて短いからでしょう・・)それもこの塗り方で防げますよ。

アイライナー不要のマスカラの付け方

マスカラの色はブラックかブラウン。好みで良いと思います。私はどちらも持っていますが、気分で使い分けていますよ。

50代からのマスカラの付け方

マスカラの付け方は、画像のように、片方の指先でまぶたを持ち上げて、まつ毛の根元を自分で見えるようにしておきます。
マスカラのブラシをまつ毛の根本にググーと押し付け、マスカラがまつ毛に絡みつくイメージでつけます。そのあと、毛先に向かってすっとマスカラブラシを通します。

これを右左右左と交互に、私は5回ほど繰り返します。
さらに今度はまぶたを持ち上げることなく、目を薄め開きにし、少しだけ上向いたまつ毛に押し付けたマスカラブラシを左右に動かします。

これで、ビューラーを使わなくても、まつ毛がやや上向きに固定されますよ。
私は、日常はビューラーを使わないこのマスカラの付け方で、特別なお出かけの日にだけビューラーを使っています。そうすることで、まつ毛の負担が減らせますよね。

まつ毛の根元がしっかり塗られていると、目元が生き生き見えます。顔立ちもはっきりするのでオススメです。

いつものマスカラだと、マスカラブラシが太くて根元にしっかりマスカラを付けるのが難しかったり、まつ毛の根元に当てるには怖い、と言う人もいますよね。

そんな方は、ブラシが繊細で柔らかい極細マスカラもあります。
まつ毛の根元に当てやすいよう作られている極細のブラシで、キャンメイク ラッシュフレームマスカラといいます。

繊維を配合していないので、付けやすいのも特徴です。お値段も700円位と、そう高くは無いので、試しに使ってみるのもよさそうですね。

まとめ

私のまわりでもビューラーやアイライナーの苦手な女性は多いようです。

美容部員の60代のお姉さまはビューラーなしで、しっかりまつ毛がアップしていましたよ。その秘訣を伺うと、上に書いたとおり、マスカラを左右に動かすという方法でした。

ビューラーはどうしてもまつ毛が抜けるので、大人女性には避けたい化粧道具なのでしょう。

とくにしっかりメイクしたいときを除けば、日ごろのまつ毛美容液にマスカラの利用だけでもきっと大丈夫。私の場合だと、結婚式でもそれでオッケーなんですけどね。