健康美活

酢納豆の食べ方!1番効果を上げるにはいつ食べるのがいい?

私、昨夜から酢納豆というものを食べてもいます。いかにもまずそうだけど、体に良さそうなだと思いませんか?

というのも、名医の太鼓判で酢納豆が血行にいい、目にいいとやってたからなんですよ。気になったものはすぐ試すたちなのです。

スポンサーリンク

そこで、初めて知った酢納豆の食べ方やその効果を覚え書きとしてまとめておきます。

酢納豆の効果

すでに酢納豆は話題になっているらしく、その理由は身体の血の流れを良くしてくれる効果があるから。

さらに今回の名医の太鼓判で酢納豆を食べることで、眼精疲労に視力の回復、老眼といったいろんな目の悩みの改善に役立つということでした。

なぜ酢納豆が目に効果があるのかという理由は、老眼や眼精疲労といった目の悩みの原因は血流が悪くなるから。酢納豆には血流をよくする効果が期待できるからなんですね。

眼精疲労は頭痛や肩こりの原因にもなりやすく、頭痛の原因がわからず色々と検査をしてみると眼精疲労だったということが多いのだそうです。

これには私も同感です。目が疲れたなと思うと、肩こりや頭痛も同時に始まっていますからね。

酢納豆の食べ方

さて、気になる酢納豆の食べ方ですが簡単です。

毎日、夜、納豆に大さじ一杯のお酢をかけ、白くフワフワに泡立つまでかき混ぜて食べる。

これだけです。

意識したいのは夜、酢納豆を食べるということ。
なぜなら、血液の流れが悪くなり血栓ができやすいのは夜から早朝にかけて。それを防止するナットウキナーゼの効果は12時間続きます。つまり、夕食時食べるのがもっとも効果を発揮できる時間帯なのですね。

酢納豆を初めて食べてみたその味は?

「これだ!」と思った私はそれを見てすぐに、番組が終わらないうちに納豆を買ってきました。納豆を食べるのは何年ぶりでしょう。昔は好きでよく食べていたのですが、飽きてしまってすっかりご無沙汰です。

大豆が大好きな私ですが、果たして酢をかけた納豆の味は想像がつきません。

でも、最近眼精疲労に肩こり、頭痛がひどく、老眼が進んでいるのを実感しているのですが、加齢だからと諦めていました。でも、これで楽になれば儲けものです(笑)。

つい最近、夏バテしないようにと黒酢を買ってきてました。食事のときにいろんなおかずにかけて食べようと思って。でも、なかなか黒酢をかけたいおかずがなく困っていたところだたのでちょうど良かったです。

酢納豆の作り方

おおさじ1杯15㏄を納豆にかけます。付いている納豆のタレは使いませんよ。

カシャカシャとひたすらお箸で納豆をかき混ぜる。なかなか白くフワフワにならず、手が疲れます・・。がんばってこれだけフワフワになりましたよ。

酢納豆の味と感想

さっそく食べてみました。うん、なかなか酢っぱい!(笑)でも、もともと酢の物など好物な私には全然大丈夫です。大豆の甘みが感じられますね。甘辛いタレなどいっさい使ってないので、ごはんなくても酢納豆だけでも食べれます。

これなら毎日食べれるので続けたいと思います!

ちなみに、写真に写ってて私が使っている黒酢。これ、初めて使ってるのですが、黒酢独特の臭みもあまり感じられず使いやすいです。酸味も柔らかくてクセがあまりないのがいいです。

ミツカンの純玄米黒酢
少々高めのお値段ですが、国産玄米100%となっていて添加物は一切ないから妥当なお値段だと思います。楽天の購入者の感想を読むと、疲労回復や夏バテ防止に水で薄めても飲んでいる人もいるようですね。
オススメ→ミツカン純玄米黒酢

酢納豆を食べないほうがいい人

ナットウキナーゼ効果が優れものの納豆ですが、食べないほうが良い方もいらっしゃいますよ。
薬効果が弱まるため、抗凝固薬を飲んでいる方は納豆は食べないようにしたほうがいいとのことでした。

すぐにできる目の血行を良くする方法

両手のひらをこすり合わせて手を温める。手のひらをカップにして目の周りを覆うようにしてジーっとする。ほんわか目のあたりが温まってくる。このとき、手が目に当たらないようにする。
この、手のひらを使って目を温める方法は、いつでもどこでもできるのが良いですね。

眼精疲労や老眼には目を温めるといいとよく言われますよね。

手のひらで目を温めるほかにも、ハンドタオルを濡らしたものをビニール袋に入れ、30秒から1分程度レンジでチンしたものをやけどしないように目の上におくととても気持ちが良いです。手のひらで目を温めるよりもかなり目の疲れがスッキリするのが実感できますよ。

ちなみに老眼ですが、眼科医の先生の話によると、老眼鏡をかけることで老眼が進みやすいということはないとのことでした。

私はてっきり老眼鏡をかけるともっと老眼になると思って、がんばって老眼鏡かけずに本を読んでいたのですが、これからは我慢せずに使おうと思いましたよ。

 

まとめ

酢納豆の効果
酢納豆はナットウキナーゼの働きで血行をよくする。老眼や眼精疲労といった目の悩みも血行不良が原因なので、酢納豆は効果が期待できる。

納豆を食べないほうがいい人
抗凝固薬を飲んでいる方は薬の効果が弱まるから避けたほうが良い。

酢納豆の食べ方
納豆にお酢おおさじ1杯15㏄をかけてお箸で混ぜ、白くフワフワになって食べる。

酢納豆を食べるのは夕食がもっとも効果的。
血流が悪くなり血栓ができやすいのは夜だから。

即効で目を温める方法
両手のひらをすり合わせて温め、手のひらで目を覆うとほんわか温まる。手が目に当たらないようにする。

ハンドタオルを濡らし、ビニール袋に入れたものをレンジでチン。いわゆる蒸しタオルを作り、これを目をつぶった状態で目の上にのせる。