スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

肌乾燥で肌荒れや小じわが目立ってきたら化粧水さえ使わない簡単スキンケアやってみる?

つい最近まで冬なのに暖かい日が続き、乾燥もさほど感じずにいました。でもさすがに寒くなってくると、まず唇のかさつきが目に入ります。そして目元の乾燥がひどくなると、小じわが目立ってきて嫌ですよね。

そんなときにおすすめなのが化粧水さえも使わない超シンプルスキンケア。

スポンサーリンク

肌が乾燥して荒れてしまったら、超シンプルスキンケアがオススメ

化粧水や乳液は使わず、お風呂上りの湿った肌にオイルを一滴のばし、その後にクリームを塗るだけ、という超簡単スキンケアです。

お勧めしているのは、ヘア&メイクアーティストの山本ひろみさんです。

これを何日か続けると、肌のきめがしっかりしてくるんです。そして少し良くなってきたらまず、スクラブなどで厚くなった角質をやさしくオフ。その後、マスクなど保湿のスペシャルケアをガッツリやります。
(女性セブンより)

この簡単スキンケアのポイントですが、使うクリームは高価な美容クリームではなく、保湿に特化したニベアやワセリンといったお馴染みのクリームを使うこと

乾燥などにより、肌のキメが乱れてるときに化粧水を多く使ってしまうと、かえって肌荒れを悪化させる原因になります。

そこで、キメがそろってから化粧水を使うことをおすすめされていますよ。

 

くちびるや肌乾燥に効果あるのがワセリン

スキンケアをしない肌断食を3年ほど続けた私

今でも化粧水や乳液は使っていません。お風呂上りに何もつけなくても、お肌のつっぱりを感じずにいるのは快適です

唇のかさつきが気になるときはワセリンを薄く塗って保湿します。すると、唇のひび割れや乾燥も落ち着いてきますよ。

たまにお肌の乾燥とかさつきを感じる時もありますが、そんなときもワセリンを薄く塗る程度で大丈夫です。

ワセリンは皮膚科医の先生も使ってらっしゃるという、肌に負担の少ない保湿クリームなんですね。

使うのは薬局に売ってる白色ワセリンです。白色ワセリンの容器に書いてある効能のところみると、手足のひび、あかぎれ、皮膚のあれ、その他皮膚の保護と書いてありますよ。

余分な成分が入っていないので、お肌に負担をかけないでしょうから、シンプルで気に入っています。美容クリームに比べて桁違いなほど安いですし(笑)。

 

黒木瞳さんの真似してお風呂ではローションパック

こんな私でも以前は、定期的にエステに通っていて、古い角質を取ってもらっていました。でも今は特にスクラブなどすることもなく、そのままの状態ほったらかし(笑)たまに温泉に行くと、スクラブ洗顔があるのでそれを使う程度^^;。

それでも、昔、化粧水に、乳液に、美容液に、美容クリームにパックなどと、必死で色々なお手入れをしていた時よりも、お肌の調子はすこぶる良いのですから不思議ですね(笑)。

なんて言いつつも、お風呂では格安のローションマスクは使っています^^;。

これは黒木瞳さんが、洗顔代わりにずっとやっている美容法ということを知ってから真似してること。

入浴中にマスクすることで、より毛穴が開いて汚れが取れやすくなるのかな、なんて適当な推測です。

要は、ローションマスクをすることで、お手入れした気分になってるだけですね。なんかリラックスして優雅な気分にもなれますし。ローションマスクをした後は、しっかり水で洗い流してますから(笑)

 

肌状態は人それぞれ。大切なのはお気に入りのお手入れ方法を見つけること

とにもかくにも、全てのエイジングケアは乾燥対策からと言われています。肌が潤っているだけで見た目が若く見えるから、保湿はあなどれません。

ただし、お肌の手入れ方法も人それぞれで、合う合わないってありますよね。一度やってみてなんかいかも!と思ったら続ければいいし、なんか違うな?と思ったら、やめればいいんですよね。以前はセラミド化粧品を色々試したりもしていましたし。←これはこれで良かったのですが、私には肌断食+ワセリンのほうが楽チンだったもので^^;。(ただし、肌断食は最初の数ヶ月は悲惨ですね。。)

まあ、私の場合はそんな感じで、自分の肌と付き合っていますよ。

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。