スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣を試して実践中!

menu

綺麗になりたい

パンダ目にならないアイラインやマスカラでもダメだった私が見つけた目の下が黒くならない方法

アイメイクで時間がたつと、パンダ目になるのって嫌ですよね。

私は、朝メイクして夕方になると、決まっていつもパンダ目になっていました。目の下に、アイラインやマスカラが、黒く点々とつくのです。ずっとそのことが悩みでした。

それが最近、とっても簡単なひと手間で、解決することができましたよ。ちょっとしたことですが、嬉しかったので、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

パンダ目にならないマスカラやアイライン探し

夕方になると目の下が黒くなるのは、肌にやさしいからとお湯でするっととれるマスカラやアイラインを使ってるせいだと最初、思ったんですね。

それで、一時は、ウォータープルーフタイプのアイラインやマスカラに変えてみたのです。

でも、やっぱり夕方になると、パンダ目になります。

夕方どころか、強く目をつむると、目の下に黒い点々がつくのです。これには参りました(-_-;)

しかも、ウォータープルーフタイプだと、パンダ目になったとき、黒い点々を取るのに大変です。取れにくいウォータープルーフですからね。

 

アイシャドウでもパンダ目になる原因を探る

目の下に黒い点々が付くのがいやで、アイラインやマスカラを使わずに代わりに濃いブラウンのアイシャドウを使ってみました。

すると、夕方には、やはり目の下に茶色いアイシャドウがついています。茶色のパンダ目です(笑)。

ネットで「パンダ目にならないアイメイクの方法や防止する方法」など、いろいろと調べてみると、まつ毛の長さや目の形によっても目の下にマスカラやアイラインがつきやすいというものを見つけて、「これだ!」と思いました。

奥二重だし、まつ毛が短いのでビューラーを使ってもあまり上がらないし、時間が経つとまつ毛は下りています。それも原因かなって、もはや諦めの境地です(T_T)

まつ毛が長く、二重目のパッチリした友人に尋ねてみると、やはり、特別な対策してなくても、まったくパンダ目にならないとのことでしたよ。

でも、諦めきれずに、今度は細い目をした友人に聞いてみました^^;
すると、パウダーファンデーションを使うといいよって言葉が返ってきたんですね。

 

パンダ目防止は、パウダーファンデーションで解決

さっそくやってみました。私の手持ちのパウダーファンデーションといえば、エトヴォスのミネラルファンデーションです。

エトヴォスにも2種類ファンデーションがあるのですが、サラサラの白い粉の方です。ナイトミネラルファンデーションというもの。

パンダ目にならない アイメイクの方法

私が手にしている、小さなミネラルファンデーションは、前に買ったトライアルセットです。旅行にも携帯するにも便利な大きさで気に入っています。

アイメイクした後に、このパウダーを小指につけて、ササッと目の下に塗っておいたのです。すると、夕方になっても、まったくパンダ目にならないままでした。これには感動です。もう何年も、悩んでいたので^^;

私は、取れることを懸念して、アイメイクあとにパウダーを塗ってますが、しっかり叩き込んでおけば、アイメイク前でもいいと思いますよ。

味をしめた私は試しに、ナイトミネラルファンデーションではなく、いつも使っているミネラルファンデーション(それほどサラサラではない)を目の下の肌にしっかりのせてみました。

すると、夕方、すこ~しだけアイラインもしくはマスカラがついていましたよ。

そして、今度は、先日購入したミネラルアイシャドウでも試してみました。すると、夕方になってもパンダ目になっていません。

 

パンダ目になっていた原因

これまでの私の経験や試してみたことから、時間が経つと私の目の下にアイラインやマスカラがついてしまう原因は、目の形やまつ毛の生え方にもあると思います。

でも、それってしょうがないのでおいときます…(-_-;)。

お化粧するときは、いつもSK2や色つきの日焼け止めクリームを下地に使います。
石鹸で落とせるUVクリーム使ってますよ→肌断食経過3年で失敗?肌にやさしい日焼け止めクリームを塗ることにした

どちらもツヤ肌になるクリームです。だから、この油分が原因で、アイメイクが目の下の肌にうつりやすく、パンダ目になっていたんですね。

化粧下地の上にミネラルファンデーションをのせることもあります。でも、目の下にお粉をのせると、乾燥しやすくなり、私はちりめんジワになりやすいのです。それで目の下は避けて、ミネラルファンデーションでお化粧していました。

よかれと思ってやっていたことが、実はパンダ目になる原因となっていたのですね。

最近、エトヴォスのナイトミネラルファンデーションを目の下や目尻にも塗ると、影が消えて目元が明るくなることに気づきました。これは嬉しい発見です。

40代からのメイクは、濃い色のメイク道具で影を作るよりも、影をなくすほうがナチュラルに若見えします

以前、テレビでピカ子さんが、「アイライナーでパンダ目になるのは、ペンシルの質が合っていないか、下まぶたで色がうつる部分の油分が調整できていないのどちらかが理由です。」っておっしゃってたことはこれだったんですね。そのときはピンとこなかったんですよね、私。ひとこと、パウダーファンデーションをのせるといいですよ、っておっしゃってくれてたら、もっと早くに解決できてたんですけど^^;

若返りメイク術です→トレンドでナチュラルなアラフォーメイク術をピカ子さんが公開!

 

パンダ目にならないためのまとめ

以上のことをまとめると、

・ウォータープルーフタイプのマスカラやアイラインでもパンダ目になる。
・目の下にアイラインやマスカラがつかないようにするには、パウダーファンデーションを使う。
・パウダーファンデーションはルースパウダーかプレストパウダーのようなもの、もしくは、エトヴォスのナイトミネラルファンデーションのようにサラサラしたものをアイラインやマスカラがつきやすい目の下に塗っておくと、パンダ目になりにくい。
・サラサラ感の強いホワイト系のアイシャドウを目の下にのせても、パンダ目になりにくい。

パウダー(お粉)のおかげですっかり、パンダ目になる悩みから開放されました。もし、あなたもお悩みなら、すぐにでも試してみてくださいね。一重目でも、奥二重でも、まつ毛が短くても、ウォータープルーフタイプのアイメイク化粧品を持っていないくても大丈夫ですよ。きっと^^

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。