スキンケア化粧品に頼りすぎることなく、老化しにくい美肌や体を作る健康美の秘訣

menu

綺麗になりたい

静電気を体内にためると肌荒れや健康に悪影響!除去する方法は?

ドキッとして嫌ですよね、バチッとくる静電気。最近、空気の乾燥のせいか、髪に静電気がおきてバサバサになったり、車のドアに触るときバチッとくる頻度が高くなった気がします。これって体内に、静電気がたまっているせいかもしれませんね。

調べてみると、静電気が起こることでいいことなんて一つも見当たりません。

さらに、静電気が体内にたまることで、美容にも健康にも良くないことがわかってきました。逆に、静電気を体にため込まず除去することで、美肌や若さを維持することができそうですよ。

スポンサーリンク

体内に静電気をためない、静電気を除去すると改善が期待できること

静電気はバチッとする不快さえなければ、全然問題ないと思っていました。ところが、静電気って知らず知らずのうちに、体にたまるものだったのですね。

では、意識して静電気を体内から除去するようにすると、美容や健康に、どういった良いことがあるのでしょうね?

 

血液がサラサラになる

血液が流れている血管内では毎日大量の静電気が起きています。静電気を除去することで血管がしなやかになり、血流も改善し血液がサラサラになることが期待できますよ。

認知症やうつ病の改善や予防

脳内ではたくさんの血液が流れています。すると大量の静電気が発生します。この静電気が認知症やうつ病の原因になると言われています。静電気を溜めず、体内から除去ことで認知症やうつ病の改善や予防が期待されています。

美肌になる

肌荒れは血流が悪くなることが原因の一つです。体から静電気を除去ことで血流が改善し、肌に酸素や栄養分がきちんと運ばれるようになるので、肌もきれいになります。また、血流が良くなればむくみも取れ、小顔効果も期待できそうです。

 

なぜ静電気で体内の細胞がダメージを受けるのか?

物が動いて摩擦が起こる場所には必ず静電気が発生します。体内でも血が通る血管や食べ物が通る消化管の中では静電気が発生。また、偏った生活習慣やストレスでも増えてきます。「落雷で命を落とすことがあるように、静電気に感電することで、細胞はじわじわとダメージを受け続けます。これが病気を生み出し、老化を早めるのです。」
(体にいいことより抜粋)

つまり静電気は日常生活において、どうしても発生するものなのです。肝心なのは、この静電気を体内にためず、除去していくことなのですね。ではどうやったらこの静電気を体の中から除去することができるのでしょう。

 

体の中から静電気を除去する方法

土や海水に触れる

土や海水は、アース線と同じような役割をして静電気を体から抜いてくれます。

理想は裸足で土の上を歩いたり浜辺を歩くことです。とはいえ、現代社会の生活ではなかなか難しいかもしれませんね。

いっそのこと、ガーデニングだったり、海で泳いだり、釣りに行く、畑仕事をする、といったことを趣味にするのがよさそうです。

もっと簡単なのは、公園で寝ころぶだけでも静電気は抜けるのだそうですよ。

 

偏食をなくし、アルカリ性食品を食べる

ミネラルを多く含むアルカリ性食品は体内で静電気を中和してくれます。

アルカリ性食品には、発酵食品、きのこ類、そば粉、野菜、大豆、味噌、納豆、豆腐、海藻、アーモンド、くるみ、ゴマ油、ココナッツ油、エキストラバージンオリーブオイルなどと、けっこういろいろありますよ。

果物には酸性とアルカリ性とあります。果物のアルカリ性食品は、アボガド、ベリー類(ラズベリー・ブルーベリー)、グレープフルーツ、レモン、みかん、ココナッツ、キウイ、パイナップルなどのような果物になります。

また、偏食をなくすと、多くの食物を口にすることになります。するとバランスよくプラス・マイナスと打ち消しあい、体内での静電気も起きにくくなるのですね。

ジャンクフードやファストフードをなるべく避けてバランスの良い食生活をとることが静電気を溜めないことにもつながるのですね。

 

寝過ぎないこと

お布団は絶縁体になります。つまり寝ていると体内の静電気が抜けません。静電気を体内にためないためには、長時間寝過ぎないことも大切です。

 

北枕で寝る

北枕で寝ることは、血流を良くし、静電気を最小限に抑えることが期待できます。

地球は磁石ですから南極から北極へ磁力線が走っていて、それを横切ると静電気は発生しやすいからです。北枕で寝ると血流が磁力線の流れに沿うので、体にも精神的にも好ましいのです。北枕にしてから、安心してよく眠れるようになったという声もあります。

 

ストレスをためない

ストレスを感じると身体が緊張状態になりこわばり、血管が収縮します。すると、細くなった血管の中で摩擦が多くなるため、静電気発生しやすくなります。

 

以上の中で、私でもやれそうなこと

昔はガーデニングが趣味でしたが、今は全く無関心。特に寒い冬は土も触りたくないし、海にも行きたくありません。海に囲まれた田舎なのですけどね^^;。

土いじりはもっと先の趣味として、今すぐにでもできることは北枕で寝ることでしょうか?これを友人に話したら、「え?北枕とか怖いー!」と言われました。でも「北枕は縁起が悪い」というのは迷信で、お釈迦様が亡くなったときに北枕にして寝てらしたからという説が強いようです。でも、お釈迦様は元気でいらしたときも北枕で寝ていたという話ですし、昔々のことなのに80歳まで生きられたというから、かえって縁起が良いよねって、私は思うのでした。

あと、休日に寝すぎないこと。(9時間ぐらい寝てるときあります。長時間寝れるのは若いからかと思っていました・・)寝ていると静電気を除去することもできませんが(お布団が絶縁体になるため)、体が動かないので血流が悪くなり、寝すぎると頭が痛くなるのはそのせいなのだそうですね、納得です。

私はたまに、起きると頭痛がするときがあります。でも起きて動きまわると治まるんですよ。血の巡りが悪くなっているんだろうなって予想していたけど、やっぱりそうみたいです。

静電気を除去すると血管がしなやかになって美肌になるということですが、それなら50代以降の女性だと気になる人の多い髪の薄毛にも関係がありそうですね。パソコンやスマホを一日中扱っている人も要注意だそう。髪に静電気が起こりやすいのは実感していますが、毛根に静電気がたまることで髪の毛が抜けやすくなる原因にもつながるんだそうですから。

最近アンチエイジング目的で、肉食が多くなっている我が家です。でも肉類って酸性食品ですよね(-_-;)。。
ほかにも、クルミやアーモンドをオメガ3をとる目的で毎日食べてるんですが、アルカリ性食品だったのですね。美味しいし、手軽でありがたい食べ物です。これからも続けようと思いましたよ。

さらに、ここでもストレスはよくないと出てきましたね。毛細血管がゴースト化したり消えたりするのもストレスが原因のひとつなんですよね。ストレスは万病の元のように思います。

ということは、あれこれと健康のために無理してやらなくても、まずはストレスを減らすことだけでも意識すると、今より健康になって若返るのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

プロフィール

40美活
ゆうです。願望はマイナス5歳(笑)。 いろんな美容器具やエステ、アンチエイジング化粧品を試した結果、健康体に美肌は宿るってことに気づきました。お肌は手をかけ過ぎないのが一番♪もうちょっと詳しいプロフィールはこちらでね。

お問い合わせ/免責

お問い合せはこちらからどうぞ。
■お問い合せフォーム/免責事項

・相互リンクは、現在行っていませんので、よろしくお願いいたします。