ヨガ・マッサージ

顔を小さく見せるにはたるんだ顔を1日2分マッサージするだけ!即効で口角上げたいときもオススメ

50代になって気づいたことは、顔がデカくなったこと。顔全体なんだろうけど、とくにアゴラインがたるんできたことが目立ってショックです。

でも、もうアラフィフだもん。顔が小さくなるなんて無理だよな~って諦めていたら、テレビ番組ジョブチューンで、2分ほど顔のマッサージしてもらったモデルさんの顔がいきなりリフトアップしたのを見てびっくり!

これなら顔が小さく見せられるかも?って、淡い期待をもってやってみましたよ。ホント、なんだかすぐに口角は上がった気がします。

スポンサーリンク

「美人にみられたければ顔半分を鍛えなさい」の歯科医是枝伸子先生

このリフトアップのマッサージ方法を教えてくれたのは、歯科医の是枝伸子先生。研修医のころまで、顔がデカいのが悩みだったのか、歯科医の立場からそんなコンプレックスを解消する「デンタル美顔術」を考案。

歯科医として治療もされるけど美顔の施術もされていて、女優やモデルさんの施術も行っているんだそうです。著書に「美人に見られたければ顔の下半分を鍛えなさい」がありますよ。

 

スマホを長時間使うとほうれい線が深くなる

ジョブチューンで是枝伸子先生は、スマホを使う姿勢がほうれい線が深くなる原因になると指摘されていました。

その理由のひとつは、下を向いていると頭の重みであごの関節が少しずれること。

また、下をむくと上と下の歯があたります。これは顎関節症や筋肉にも影響を及ぼすのだそうです。スマホは顔が正面を向いて使えるよう、持ち上げて使うのが理想です、とのこと。

実際に私も、正面にスマホを持ち上げて使うってやってみたけど、手がだるくて続きませんでしたよ..(-_-;)

私はかつて、顎関節症であごが開かないくらい痛かった経験があります。スマホはあまり使わないのですが、パソコンやデスクワークで長時間下を向いていることが原因だったのかもしれませんね。でも、今は治っていますよ⇒ほうれい線を消すマッサージで3年来の顎関節症が治った!
↑私が顎関節症を治した方法は、実はベロ回しなんですが、ひと月ぐらい毎日やったけどとくにほうれい線が薄くなるのは実感できなかったです。

でも、ジョブチューンで、「ベロ回しはほうれい線の改善に効くのか?」といった質問に是枝伸子先生の答えは、「舌を動かすと筋肉を鍛えるので効果がある」といったことをおっしゃっていましたね。(ひと月くらいでは足りなかったのかな?)

 

 

老け顔になる原因は、顔下半分、口元のたるみ

50代過ぎるころから普通男女とわず、口元や顎のラインがたるむし、顔下半分が長く見えてきますよね。これは、顔の筋肉を動かさないでいるのが原因。そうなると、見た目年齢も上がっていっそう老け顔になります。

顔はたくさんの骨格筋と表情筋があります。とくに表情筋は細く繊細な筋肉です。鍛えないと衰えやすく脂肪や皮膚をささえきれなくなってたるんでくるのです。

 

 

硬くなった顔の筋肉をほぐす

普段の生活では顔の筋肉をさほど動かすこともなく、筋肉が硬くなります。そこで、顔下半分をマッサージすることで硬くなった筋肉をほぐします。ほぐすと筋肉が動きやすくなり表情も豊かになるので顔が引き上がるのです。

マッサージのあとに顔の筋肉トレーニングも軽くやるとほうれい線を薄くする対策にもなるのだそうですよ。

また、笑ったり会話をするときに、顔の筋肉を意識して動かすようにするだけでも筋肉によい影響が与えられます。

 

 

是枝伸子先生がやっている超簡単な小顔になるリフトアップ方法

先生が毎日やっているのは、ガムをかむこと。1日5分くらい左右の歯でバランスよくガムを噛みます。ガムを噛むことで顔の筋肉が鍛えられ頬がリフトアップするのだそうです。

つまり、口元のたるみ改善にもつながるのです。

ちなみに、スルメを噛むのも良いそうですよ。

 

 

顔の筋肉をほぐすマッサージ方法

1日に1~2分程度でよいので、硬くなった顔の筋肉をほぐすマッサージをするのが顔のたるみ改善や顔を小さくするのにオススメです。

是枝伸子先生がジョブチューンで教えてくださったマッサージ方法は、リフトアップに即効性があると、自信満々でしたね。

顔のマッサージをする場所は2ヶ所あります。

①口元の横をつかんでグルグルまわす。

この場所には、顔の筋肉が多く集まっているので、ここをほぐすことで、いろんな筋肉が一気にほぐれます。

口元のたるみに効くマッサージ

画像のように、口の中にまず親指を入れて人差し指でえくぼができるあたりをつかみます。ほうれい線の上、もしくはほうれい線の延長上。指2本でつかんだら、円を描くようにゆらします。片方を30秒~1分ほど行います。

ジョブチューンでは、是枝伸子先生は、とても激しくモデルさんの口横をつかんでグルグルマッサージしていましたよ。

 

②頬骨のあたりをほぐす

親指を歯茎のギリギリのところまで入れます。人差し指は頬骨のところあたりで頬のお肉をしっかりつかんだら、①と同じように、グルグルとゆらしてマッサージします。左右、それぞれ30秒ほどずつやります。

これも、是枝伸子先生は、モデルさんの形相が変わるくらい、痛そうなくらいに激しくゆらしてマッサージしていましたね。

激しくマッサージするのは、硬くなった筋肉を揉みほぐすためです。老廃物の流れがよくなるので、顔のむくみ改善効果もあります。これでリフトアップして、顔が小さくなる効果が期待できるってわけですね。

顔のたるみを改善する

是枝伸子先生が顔のマッサージをしたモデルさんは、やった片方がすごくリフトアップされていてびっくりしました。これはやるしかないでしょ!と私も画像のようにやってみたところです。(いつもどおりスッピンなせいもあり、怖いくらい見苦しいのでぼかして小さくさせていただきました..(-_-;))

私は、是枝伸子先生のように激しくできないせいか(痛いですもん)モデルさんほどには変化しません。でも、なんとなくリフトアップしてる気はします。なので、毎日数回マッサージするようにしたいです。

お風呂でやるといいかなって思っています。

 

リフトアップするための顔の筋トレ

顔の筋肉をほぐしたあとに行うといい、是枝伸子先生おすすめ。顔の筋肉トレーニング。といっても、超簡単です。

  • 思い切り口角や頬を上げて笑います。
  • このとき上の歯が8本見えるくらいに意識して。この笑った状態を10秒間維持します。
  • 気をつけたいのは、目を細めない。額に力を入れない。口に力をいれるというよりも頬を引き上げているという意識で笑うこと。

この10秒間笑顔を維持することで、顔の表情筋全体が鍛えられます。毎日2回ほど続けることで頬の位置が高くなり、たるみが改善するということで、昨日から私もやっていますよ。

まずは顔の筋肉をほぐすマッサージやって、笑顔で頬をリフトアップする筋トレを続けてみて、ほうれい線が薄くなるとか、たるみがちょっと減るとか顔が小さくなるとか、なんか感じたら、是枝伸子先生の本にのっている他の方法も試してみようと思っていますよ。いっぺんにあれこれやってみても、面倒になって続きませんからね。気になったらぜひ、あなたもお試しあれ^^

あさイチ!で紹介された、スキンケアお手入れでの目元口元のたるみ改善の方法だとこちら⇒シワたるみに効く化粧品とは?常識のスキンケアは間違っていた?