健康美活

黒にんにくには意外な効能が・・自宅で作る黒にんにくの作り方

40代の主婦って美容や体に良い物の話って多いんですよね。私のまわりにもけっこう健康オタクがいるんです。

「綺麗になりたい」とか「自分磨き」っていう願望=健康ってなる年齢なんですよね~(笑)。

先日、久しぶりに私にヒットした話題。「黒にんにく」を食べたら視力が回復したそうです。

にんにくって滋養強壮に良いんじゃないの?

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

 

私の住んでいる町では「黒にんにく」作りがチラホラと口コミで流行っているもよう。

以前も、友人が黒にんにくを自分で作って食べてるという話は聴いたけど、興味なかったのでスルー。

でも、今回は、その友人夫婦の視力が良くなったと聴いて、黒にんにくに興味津々になってしまったのです。

 

自宅で作った黒にんにくを毎日3カケラ食べてるみたい。味は、クサくもなくちょっと酸っぱいかな?って感じ。けして食べにくくないとのこと。ちなみに友人は生のにんにくは苦手です。

黒にんにくを食べはじめて、はや一年ほど。どんどん視力がよくなってるそうです。ご主人も視力がよくなってるっていうんですよね。

 

でも、なんでにんにく食べて視力がよくなるの?って思って調べてみたら、黒にんにくって、アミノ酸が普通のにんにくの2倍、抗酸化力も2倍、ポリフェノールは7倍以上あるんだそうですね。ポリフェノールといえば、赤ワインと思ってた私。その赤ワインの13倍もあるっていうから驚きです。

 

つまりは、簡単にいえば細胞が若返るってこと?もしかして年齢より綺麗に見られるようになる?←願望丸見え(笑)
(ポリフェノールの若返り効果につられてせっせと赤ワイン飲んでるんですけど・・たんに飲べぇの言い訳っていう話も・・汗)

あ、ちなみに、友人の肌とか外見に変化は見られません(笑)。

その友人の近所には、黒にんにくを食べ続けたおかげ?痛かったひざが良くなったといってるおじいちゃんもいるんだとか。(たまたまかもしれませんけど・・^^;)

ひざはまだまだ大丈夫だけど、老眼にパソコン使いで視力がかなり落ちてる私。それに、実家の母が緑内障でずっと治療中なんです。それで、物は試し、と黒にんにくの作り方を教わりました。にんにくと炊飯ジャーがあれば自宅で作れるそうですよ。

 

黒にんにくの作り方

①炊飯ジャーにカゴとか巻きす(巻きずしを巻くとき使うやつ)といった、すだれみたいなものを敷きます。(にんにくの水気が出ることがあるそうです)

②新聞紙やキッチンペーパーに皮はむかずにそのまんまのにんにくをくるんで、2段にしてにんにくを入れます。

③炊飯ジャーの保温ボタンを押します。(炊飯ボタンではありません!)

④2週間ほどずっとにんにくを入れた炊飯ジャーを保温状態にしておきます。
(できれば数日に一回、にんにくの上下を入れ替えるなどしたほうがよいそうです)

⑤2週間程度たったら、にんにくを炊飯ジャーから出して、黒にんにくの出来上がり。

⑥黒にんにくの保存は、冷蔵庫に入れておけば、もつそうです。

 

と、いたって作り方は簡単なのですが、注意点は、作り始めの1週間程度すごい臭いがするそうです。なので、みなさん黒にんにくを作るときは、専用の炊飯ジャーを使って、屋外で作っているようですよ。

田舎なら良いかもしれませんが・・住宅が密集してるところは、近所からクレームくるかも、というくらい臭いそうです^^;

なので、うちはすぐ隣に家があるので、自宅で作ることは諦めました。しかも、使わない炊飯ジャーなんてないし。黒にんにくようにわざわざ買うのもね~。

 

とりあえず、通販で黒にんにくのできたものを購入しましたよ。お取り寄せで購入してしばらく母と食べてみて、体に合いそうだったら、そのときはもしかしたら自宅で作るかも?私は作るつもりないけど、母が作ったらもらうこととして(笑)

黒にんにくを購入するにあたって気になったのは、「農薬」「放射能」「添加物」「熟成期間」「にんにくの産地」といったところ。

こういったことを黒にんにくの通販サイトを調べ比較した結果、
■ここで購入⇒純黒にんにく←「うまい」と評判なのもうなずけるでしょ?

というわけで、商品が届いたらまたご報告しま~す。本当にプルーンみたいな味なのだろうか?興味津々。

↓↓「黒にんにく」の効果効能と自宅での作り方、楽しんでもらえたらクリックを!

アンチエイジング