ミネラルファンデーション

お肌のキメをなくして乾燥肌になるファンデーション選びしていませんか?

30歳すぎまでスッピンだった私。決して美人じゃないけど素肌だけには自信がありました。

でも、歳を取るにつれて、化粧しないのが「悪」のような気がしてきて、お化粧をするようになったんですね。

最初は、パウダーファンデーションだけでも、ものすごくのりがよかったのに、徐々に隠すところが増えてきました。

歳のせいだ、と思って疑わなかったのだけど、もしかしたらお化粧品の影響もあるのかも?

スポンサーリンク

お肌をキレイに見せるために、ファンデーションは欠かせません。

でも、このファンデーション選びにも注意が必要です。

ファンデーションに含まれた科学物質によって、お肌をひどく痛める結果となるそうですよ。ファンデーションには、いくつかの種類がありますよね?

 

・クリームやリキッドタイプのファンデーション

・固形ファンデーション

・パウダリーファンデーション

 

といった具合に。

ここで、お肌のカバー力が強いのが、リキッドタイプや固形ファンデーションですよね。

でも、その成分を見てみると、クリームタイプやリキッドタイプは、界面活性剤を使用しています。

そして、固形タイプファンデーションは、油脂などを使用。

クリームタイプやリキッドタイプは、お肌にキメがなくなってしまった人が使うためのファンデーションとして作られています。

なぜなら、お肌のキメがなくなると、固形やパウダリータイプのファンデーションでは、化粧崩れしやすいからです。

界面活性剤の含まれたファンデーションを使用するとお肌で作られている、保湿するための細胞が破壊されるそうです。

その結果、自分で自分の肌を保湿することができなくなりお肌は乾燥肌へとなっていくのです。

もうひとつ、怖いのが、リキッドタイプや固形タイプに含まれている油や界面活性剤は、毛穴から侵入することもあるんだそうです。

そうなると、異物の侵入をキャッチして、お肌が炎症を起こします。

ファンデーションをつけるときにお肌をこする刺激と炎症が合わさって、メラニンを増やすこととなります。

その結果、困ったことに、私も悩んでいるお肌のしみやくすみの原因となるそうです。

つまりは、界面活性剤や油脂を使用しない、もしくはほとんど使用していないパウダリーファンデーションが、もっともお肌への負担が少ないのですね。ミネラルファンデーションも肌に優しいのでおススメですよ。

使っていると、リキッドタイプや固形タイプが手放せなくなるのですが、できるだけ、お肌に負担の少ない、害の少ないパウダリーファンデーションにしたほうがよさそうです。

私も、40代でいまさらですが、パウダリーファンデーションのみで素肌復活を狙っています。(カバー力が少ないので、お会いする方には、汚い肌で申し訳ないな~と思いつつ・・汗)

○あと、内面からの素肌復活も狙っています!⇒老け顔にならないためのゴールデンタイム活用法

このブログを書くようになってから、たくさんの美容関係の雑誌や書籍を読むようになり、美容オタクと化している私です(笑)。

最近、そういったものを読んでいて思うのが、化粧品に潜んでいる素肌への危険性。

化粧品会社の広告をうのみにせず、視野を広くして上手に化粧品を利用、キレイでありたいものですね。