健康美活

なぜ、今、国産レモンが美容に健康にと注目されてるの?

スキンケア化粧品では、綺麗になれない。

そう思うようになってから、インナーケアでキレイを目指している私。最近こってるのが、国産レモンなのです。

輸入レモンは防腐剤などのワックスがイヤで、カフェで注文した紅茶についてくるレモンでさえも無視。でも、最近では、国産レモンを近所のスーパーでよく見かけるようになりました。しかも、地場産!

レモンといえばビタミンC。そう思ってたけど、それだけではなかったレモンパワー。それを知ってからは、毎日のようにレモンをいただいているんですよ。

あなたも、おひとついかが?

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

スポンサーリンク

 

レモンは、とくに皮に栄養が含まれているそうです。だからこそ、やっぱりワックスの塗っていない国産をいただきたいですよね。

 

【綺麗になれる4つのレモン効果】

 

レモンはビタミンCが豊富

100グラム中に含まれているビタミンCランキング

1.レモン(皮を含む) 100mg
レモン(果汁のみ) 50mg

2.ゴーヤー      76mg

3.キウイフルーツ   69mg

4.いちご       62mg

5.ブロッコリー    54mg

 

1日に摂りたいビタミンCは100mgだそうです。毎日レモン1個食べるってのは無理でしょうから、こういった食材を組み合わせるとよいですよね。

 

レモンはカルシウムやカリウムが多い

レモンに含まれるカルシウムは、さんまの2倍もあるそうです。意外でした!女性に多いカルシウム不足の悩み対策にも嬉しい。しかもむくみをとってくれるカリウムも多いそうです。

■むくみ解消にはこんなのも⇒顔や足のむくみの原因は?むくみ解消法とむくまない対策(ヒルナンデス!)

 

レモンの香りはリラックス効果が高い

レモンの香りは、気持ちを落ち着かせる効果が期待できる香り成分、d-リモネンを多く含んでいるそうです。ストレス改善も期待できそう。

その香り成分の多くは、レモンの皮に含まれています。やはり、皮ごといただくのが良いですね。

 

レモンは、カロリーが低い

レモンは、同じ柑橘系のオレンジや温州みかんなどの果物と比べると、カロリーが低くなっています。確かに甘くないですからね^^;

 

国産レモン

 

【レモンレシピ活用のヒント】

夏はそうめんに、冬はお鍋にレモンスライスを加える。

お鍋には、レモンポン酢もよいですよ。

→レモンの絞り汁1:お酢1:みりん1:醤油2の割合で合わせ、だし昆布を入れて一晩寝かせます。保存は冷蔵庫で。
 
レモンは皮ごといただくのがポイント。
なので、いったん凍らせて、凍ったまま皮ごとすりおろして、いろんな料理に加えるとけっこう使えます。

 

あと、私ははちみつ好きなので、はちみつにレモンの輪切りをつけ込んでます。そのまま食べたり、野菜ジュースに使用してますよ。

体を温める果物野菜ジュースって知ってる?

こんな感じで素晴らしいレモンパワー。国産レモンの時期は、10月~3月頃が旬です。でも、最近では年中スーパーで買えるようです。

今日は、ぜひ、ご近所のスーパーに行って国産レモンを買ってきてくださいね(笑)。

↓↓国産レモンパワー試してみたいと思ったら、クリックを!

アンチエイジング