若がえりメイク術

山本浩未さん(メークアーティスト)愛用!目の下のたるみに効く目元美容液は?

40代過ぎた頃からお肌に現れる老化現象というと?

そう、くすみやくま、シミ、しわ、ほうれい線といったところ。だから、大人のメイクは変身するより「立て直し」が必要だと力説されるのは、ヘア&メイクアーティストの山本浩未さん。

大人メイクで、お肌の老化現象を上手にカバーする秘訣をアドバイスされています。

↓↓アンチエイジング情報はここを参考にしています!
アンチエイジング

スポンサーリンク

 

若い子のメイクは、目を大きく見せたいとか顔を小さく見せたい、鼻を高く見せたい、といった変身願望が強いことでしょう。

でも、私たち40代世代になると、そういった悩みよりも肝心なのが、まずは、「影を消すこと」。くすみやシミ、クマ、シワ、ほうれい線という影の部分です。

その中でも極めて気になる目の下のたるみやへこみ。

目の下のたるみやへこみを減らすために山本浩未さんが愛用していているアイケア。
■山本浩未さん愛用はこちらの美容液⇒シスレー スプレミヤ アイ←けっこうなよいお値段^^;

目の下のたるみやへこみを減らすために使うコツは、ちょっと多めの1.5倍だそうです。
目の周りをちょっと引き上げるなど、ストレッチしてからの使用を朝晩されているそうです。

目の下のたるみ

老化現象のお肌の影を消すコツは、

スキンケアでコンディションを整えたら、メイクでは専用のコンシーラーを使って、不要な影を消します。そしてアイラインでくまより強いポイントを目元につくります。

:::

でもね、「やりすぎ」はダメですよ。いまどきのカジュアル感はメイクにも必要です。
ちょっとゆるい、力が抜けた感じです。線は描いたら必ずぼかす、色をのせたらブラシや指でぼかす。描きっぱなし、のせっぱなしはダメ。「カジュアル」を意識してくださいね

(記事参照元 女性セブン)

あらま~私のメイクの仕方、描きっぱなしにのせっぱなしを見ているかのようなコメントです^^;

確かに、昔は、目を大きくしたい!って切実に思っていたけど、今は、まぶたのたるみや目の下のたるみだけでも取れたらどんなに幸せか!な~んて思ってしまいます。

寝不足な日は、コンシーラーって必需品ですよね(笑)。

最近は、ほとんどノーメイクな日々なので、朝の鏡を見る恐怖を減らすために、12時前には寝るようになりました。
夜、早く寝るきっかけが欲しい人は、ノーメイクにするのもいいかも?(笑)。

↓↓「大人メイクは変身よりも影を消す」が大事!楽しんでもらえたらクリックを!

アンチエイジング