若がえりメイク術

今年の秋冬ポイントメイクの流行色とやり方(アイシャドウ、リップ、チーク)

今年2015年の秋冬メイクのやり方や流行る色のアイシャドウチークにリップなど、地方テレビでやってたのでチェックしました。バッチリアラフィフの私でも大丈夫なメイク方法!

あんまりメイクすることないけど、たまにするからといってダサくはなりたくないので、情報収集はやってます^^

2015年の秋冬メイクのテーマは、「こなれた女優顔」。

スポンサーリンク

今年の秋冬にくる色をチェックすると、
バーガンディ(ワインレッド)、カーキ、チョコレート色

アイシャドウにチョコレート色やバーガンディを。口元にレッド、オレンジ、ローズがオススメです。

 

艶感ある女性の顔を演出するポイントメイクのやり方

【ポイントメイクの手順】

アイメイク→リップ→チーク の順番にメイクしていきます。

ポイントメイク1、アイシャドウのつけ方

今回使っていたのは、「アディクション ザ アイシャドウ」のジプシークイーンです。参考価格は2000円です。

これって、濃い目のチョコレート色でしょうか?

今年の秋冬メークアイシャドウ

 

こういった濃い色のアイシャドウは、目のキワにそって、太めのラインを描いてぼかします。

2015秋冬メーク

 

濃い色のアイシャドウをのせたら、ハイライトカラーをアイホールにのせます。なんと、2色だけの色使いで完成です。

アイシャドウの入れ方

アイシャドウって、パレットに4色ぐらい入ってるけど、2色でもステキに仕上がるんですね。新発見。

 

ポイントメイク2、 リップの選び方

リップの色は、流行色がたくさんあるので、実際につけてみて自分の肌を綺麗に見せてくれる色を探します。リップの色を確認するときは、手ではなく口につけて選ぶと間違いがありません。

リップで肌の質感を艶っぽく見せるのが流行りですよね。

 

ポイントメイク3、 チークの入れ方

40代50代からはポイントメイクの中で、もっとも大切だといわれるチーク。

使ったのは、3色のチークカラーと艶感を出すグリステンカラーがセットになったチークエレガンスブリスオーラ ←お値段いいけど、今使っているSKⅡのチークなくなりそうなんで買おうかしら?と思ったくらい色目がステキ。

チークの入れ方は、オーソドックスな方法が説明されていましたよ。
黒目の中央の下の方より外側、骨格にそって大きなブラシでチークをつけていきます。(パール材の入ったチークなので、磨きこむようにつけるのがポイント)さいごに、グリステンカラー(きらめき)で、ピンクチーク周りを囲うようにまあるくブラシでのせると、艷やかになります。

理想として、50~60年代の女優顔をイメージしながらメイクするとよいです。

チークの入れ方はこちらに詳しくのせてますよ⇒40代に多い間違ったチークの入れ方と流行りのチークの入れ方

昔は艶っぽいメイクってちょっと夜のお商売って感じがしたけど、最近はステキな女性というイメージが定着していますよね。生活感が感じられないっていうか、垢ぬけて見えます(垢抜けて、なんて最近使う?)。

メイクには、ハイライトカラーが大切。とくに、40代以降はね。顔が広がってたるんでくるんでメリハリつけたいです!たまにはシャキッとメイクしよ。新しいメイク化粧品買うのも楽しいです。綺麗なパレットとかだとテンションあがりますよね。

↓今年の秋冬のポイントメイクの流行色とやり方、楽しんでもらえたら、クリックしてね。
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ