芸能人美の秘訣

アンミカ流、顔のたるみをとる意外な習慣とは?

アン・ミカさんって知っていますか?

「ヒルナンデス!」によく出ているパリコレにも参加されたモデル兼タレントさんです。

彼女は、1972年生まれ、つまりすでにアラフィフなんですね~。

それにしても、アン・ミカさんって、スタイルは40代といえども抜群。お顔にもシワやたるみが見えないんですけど?

いったいどんなアンチエイジングの秘密があるんでしょうね?

「からだにいいこと」では、彼女のエピソードを交えた、顔のたるみをとる意外な習慣をお話されていましたよ。

歳をとると、重力で顔がたるむのは当たり前。だからこそ顔の筋肉を動かすように、いつも笑顔でいることがたるませない秘訣なのだそうです。

それには、理由があるんですね。

口角を上げて笑顔でいることは、顔の表情筋が鍛えられるためたるみがなくなってくるんだとか。

芸能人がデビューすると、小顔になっていくのも絶えず笑顔でいるからだって言われると、説得力ありますね。

リフトアップするんだったら、笑顔なんてたやすいことですよね!

 

顔のたるみ防止

アンミカさんに笑顔でいる習慣ができたのには、わけがあるみたい。

というのも、小さいころに、階段から落ちて口元に大ケガをしたそうです。
それ以来、口元のリハビリのために、笑顔を心がけるようにされたんだそうですよ。これはかなり、真実味がありますね~(笑)。

 

他にも、顔のむくみたるみをとる、あるいは防止する必殺技がアンミカさんにはあるんだそうです。

ひとつは、親指の付け根で、顔の眉間や頬などを力を入れて押す。
凝っている顔がほぐれて、むくみもすっきり。
決して、こするのではなく、押すように気をつけるのがポイントです。

私もよくやっています。むくんでいないときはそうでもないけど、むくんでいるとめちゃくちゃ気持ちが良いんです。いつもやっていると、すぐ分かりますよ。
簡単なやり方はこちらに書いてます→リフトアップしたいなら頭皮と頬骨を押すだけ!

 

2つ目は、ブラッシング。
頭を下に向けて、うなじのほうから髪をときます。
頭皮の血行が良くなって、老廃物も流れが良くなるそうですよ。これもやってみると、すごく気持ち良いです。頭皮も意外とこっているものなんです。

また、頭皮のたるみは、顔のたるみの原因にもなるのでブラッシングはとても大切とアンミカさんはおっしゃっています。

動物毛とそうでないもの。ブラッシングは使い分けると効果がありますよ。逆さブラッシングのやり方画像も載せてます。

 

3つ目が、耳をひっぱるというマッサージ。
耳を両手で引っ張って、上や下、横と、あちこちにひっぱり、ぐるぐる耳を回すんだそうです。

最初は痛いかもしれないけど、ガマン!
血行がよくなって、顔のたるみ目をとるのに効果があるみたい。

 

どれも、たったそれだけ?と思ってしまう意外にも簡単な習慣。でも、そういわれてみると、想像しただけで効果ありそうなことばかりですね。

笑顔でいることも習慣づけたいな~。
たるみが消えるのと同時に、幸運も舞い込んできそうですもの^^

アンミカさんの笑顔で顔のたるみをとる意外な習慣、あなたもヒントにしてやってみませんか。