若がえりメイク術

「疲れてるの?」なんて言わせない!疲れた顔を解消する3つの方法

「疲れてるの?」という言葉が「やつれているよ!」と聞こえるのは私だけでしょうか?

本当は優しい気持ちから言ってくれているのかもしれませんが、素直になれない40代という年齢のせいか、妙に気になります。

スポンサーリンク
 

そこで、疲れた顔に見せない対策をいろいろと講じた結果、ほとんど言われなくなりました。今回は、その方法をお話しますね。

 

メイクで疲れた顔を解消する

まずはメイク。メイク方法に気を付ければ、本当は疲れているときでも疲れて見せないことは可能です。

疲れて見せないメイク術は、厚塗りじゃなくても、お肌がキレイに見えるテクニックお肌が明るいと、血色感が出て、ずいぶんと感じが変わってきますよね。

40代ともなると多くの女性が気になるシミや目の下のクマ、しわといった
ところ。つまりは、これらって、影を作ってしまうんです。その影が顔色を悪く見せ、疲れて見せ、さらには実年齢よりも老けて見せるのですね。

 

下地クリームで顔を明るく改善

あなたは下地クリーム使っていますか?メイクはしても下地クリームを使っていない女性は多いようです。でも、下地クリームはぜひ使うことをお薦めします。

下地クリームを使うのと使わないのとでは、とくに40代からの大人女性のメイクは仕上がりが違ってきますよ。

なぜなら下地クリームは、それだけでも顔を明るく見せるからですね。

下地クリーム

SK2の下地クリームを使っていますが、肌をほんのりピンク色にしてくれ、わずかなラメ入りで密かに華やかさもプラスしてくれるので、なかなか気に入っています。

石鹸だけで落とせるラロッシュポゼUVイデアXLティントは肌に優しいので、オススメしたいです。

コーンシーラーで影をなくす

40代からの大人女性の敵である「影」。この影をなくすためにはコーンシーラーを使用します。

シミや吹き出物をコンシーラーで覆って、綿棒などを使ってコンシーラーのまわりをボカすようにするのがポイントです。
そうすることで、自然に仕上がりますよ。

チークで血色をよくする

私の場合、肌にくすみは出るけれど、もとは色白。でも、顔にメリハリがないんですよね。
だから、チークは欠かせません。もちろん、疲れた顔を解消するためにもチークは必需品ですよね。

チークの基本的な使い方

  • チークブラシで、こめかみから頬骨の方に広く薄くチークを肌になじませます。
  • 笑った時に、一番高くなる頬骨のところに、クルクルと丸くチークを足していきます。

→このほかの40代からの大人女性にオススメしたいチークの入れ方

チークを上手に使うことで、血色の良い印象のお肌になるんですね。

ただし、チークの入れすぎには注意です。自分のチークに見慣れてくると、物足りなくなってくるのか、ある日チークの色が濃くなってきているのに気づきました
それからは、主人に「チーク濃過ぎない?」なんて確認していますよ。

ハイライターで目の下の影をとばす

そして、もっとも年齢を感じさせ、顔の疲れを強調するのが、目の下の影。

影を消して、ふっくらとした目の下に見せるの一工夫ははずせません。
そこで、使うのがハイライターです。ペンシルタイプが便利だと言われています。とはいえ、私はスティックタイプばかり使っています。できればいろいろ使ってみて、自分の使い勝手の良いものを選ぶのが一番です。

影や目の下のクマにそってハイライターをのせていくと、明るさがプラスされて目の下がふっくら見えます。

 

表情筋を鍛えて疲れた顔を改善

メイクはとりあえず疲れて見せないための即席技ですね。いっぽう、表情筋を鍛えるのは、「疲れた顔をもとから改善」するため。

表情筋を鍛えるにも、いろいろな方法があります。

これらの中から、自分ができそうなものをやってみると良いです。無理にやりたくないものをやっても逆効果ですからね。

あと、変顔ですが、私もやってみましたがあまり効果を得られなかったというか、かえって変なしわができたような気がするので注意してくださいね。

表情筋を鍛えるにも、即効性は難しく加齢に伴って表情筋は衰えるばかり。ですから、長期間というか、ずっと続けてやることを目標にします。

 

睡眠をしっかりとって疲れた顔を改善

疲れた顔を解消するには、充分な睡眠をとるのがもっとも効果が高いのではないでしょうか。

7時間睡眠がよしとされているのをよく目や耳にしますが、充分な睡眠時間といっても、人それぞれ。
たとえば、明石家さんまさんは3時間睡眠であのパワー。まったく疲れを感じさせませんよね。つまり、3時間で充分な睡眠がとれているのでしょう。

私は8時間寝るとバッチリ元気です。次の日の昼間、眠たくなるようであれば睡眠がとれていない証拠。世間の常識ではなく、あなたに合った睡眠時間を見つけてくださいね。

また、お肌が美しく生まれ変わるのに必要な成長ホルモンが分泌される時間。以前は午後10時から午前2時までと言われ、ゴールデンタイムとされていましたが、これも今では違ってきています。

眠りに入った3時間。この時間帯に成長ホルモンが分泌されるといわれるようになりましたよ。つまり、深い入眠が大切なわけです。

私は、寝る時間になったから無理やり眠るのではなく、眠たくなって電気を消して寝るようにしています。それまでは、寝る前の儀式として読書をしています。すると、だいたい決まった時間に眠たくなるのでおススメですよ。

まとめ

以前、リンパマッサージに行った時に、お店の方に、「なんだか疲れてらっしゃいませんか?」と顔を見るなり言われてしまいました‥・汗。
これって、やはりお顔の色がくすんでいたり、影が深かったりしたからだと思うんですね。

だって、その日の朝方まで韓ドラ観てましたから(笑)。スズメがチュンチュン鳴いてましたよ。今では朝に見る鏡に映った自分の顔を見るのが恐ろしく、そういった無謀なこともできませんが。。

疲れた顔に見せないにはやはり、睡眠時間は不可欠ですよね。

そして表情筋をできるだけ鍛えること。これも、すっかり家にこもりがちとなっている今はおしゃべりも減ってきているので、1人カラオケとか良さそうって思うのですが、なかなか。。

それで、ひたすらガムかんだり。あとは気づいたら口角上げるよう意識しています。口角が下がっているだけで、疲れて見えるし、不機嫌そうにも見えますものね。

人に会うときだけいきなり口角を上げておこうと思っても、慣れないと難しいもの。ひとりのときにも机の前に鏡をかけておき、自分相手にやっています。

そして、女性には便利なメイク。メイクで肌を明るく見せるだけでも疲れて見せない、老けて見せないことができます。

下地クリームにコンシーラー、チークとハイライト使いで、手っ取り早く、とりあえず疲れた顔を解消しましょう。
これで、「疲れてる?」なんて言われないこと間違いなしです。