美肌効果アップネタ

卵白パック作り方と卵白洗顔の方法と効果

あなたは卵白パックってやったことありますか?

市販のスキンケア化粧品と違って界面活性剤など使わないから、お肌にやさしいですよね。最初はちょっと面倒かもしれませんが、やってみるとお肌が気持ち良いので、病みつきになるかも(笑)。

卵白パックと同じく卵白を使った卵白洗顔という方法もありますよ。作り方とやり方を合わせてご紹介しますね。

スポンサーリンク

卵白パックの作り方

卵白パックの方法は、卵一個分の卵白をメレンゲ状にかき混ぜて、お肌に塗り、乾いてカパカパになったらお水で洗い流すだけ。

卵白パックしたあとは、お肌がすっごい気持ち良いですよ。

卵白には保湿効果や皮膚細胞の修復に役立つ成分も含まれているんですって。

そして、卵白には、脂を落とす作用や殺菌作用、角質除去作用もありますよ。
だから、汚れはしっかり落として、保湿され、お肌がすべすべになって美肌効果アップ。

さらに最近では、卵白洗顔が話題になっているんですね。

卵白パックと違って、卵白洗顔はもっとお手軽。だって、メレンゲ状に泡だて器でかき混ぜる必要がないからです。

それでは、卵白洗顔の方法をご紹介しますね。

 

卵白洗顔の方法

①卵白を器に取り出します。
(卵を二つに割って、取り出してもよいですが、卵の先っぽに穴を開けて、卵白だけ流し出してもよいですね)

②卵白に顔を浸すようにして、顔全体に卵白を塗っていきます。

③顔全体に卵白を塗ったら、両手でマッサージします。

④小鼻の脇は、汚れがたまりやすいので、指先で念入りにマッサージします。

⑤水かぬるま湯(お湯になると、卵白が固まるので注意!)で、卵白を洗い流します。

⑤タオルでもよいですが、お肌に優しいキッチンペーパーでふくのがおすすめ。洗顔後は、化粧水でしっかり保湿してくださいね。

 

超簡単な卵白パック

これよりも、もっと簡単にできる方法も・・(笑)。
卵を割ってお料理に使用する際、卵の殻に残っている卵白をお顔の気になる部分に塗って、ちょこっとパックです。

これなら、お料理しながら、ちょっとパックして、カパカパになったら、卵白を塗ったところを水で洗い流せばオッケーです。

かなり手抜きですが、卵白がもったいない方にはおすすめ(笑)。

 

シートパックが流行ってますが、天然の卵白洗顔や卵白パックも取り入れるとお肌が喜びそうですね。