オメガ3

痩せやすい体になる方法!食べて痩せる管理栄養士伊達友美さんのオススメ

伊達友美さんが、10月22日の「ひるたつ」に『痩せやすい体にする達人』として出演されていましたね。

管理栄養士で自らも20キロ痩せた経験をお持ちの彼女の本を、ずいぶん前に買っています。⇒ダイエットカウンセラーの伊達友美さんが40歳目前に20キロ痩せた方法をはなまるマーケットで紹介!

この「食べる美女肌セラピー」は、2010年に書かれたものです。
最近話題になっているのが、くるみや青魚に含まれているオメガ3の効能や効果、お肉の赤みを食べることですが、すでにこのときの著書で推奨されていますよ。

伊達友美さんは、1967年生まれ。痩せすぎるスリムなスタイルではなく、健康的な女性の美しさを提唱されているんですよ。つまり、体に良いものを「食べて痩せやすい体になる」というダイエット方法です。

スポンサーリンク

赤みのお肉で痩せやすい体になる

そのなかでも、ひるたつでもお話されていたように、まずは良質なタンパク質が取れる赤みのお肉。

L-カルニチンといった脂肪燃焼効果のある成分が多いんですね。

意外にもL-カルニチンは、牛肉が一番多く、次に豚肉、3番目が鶏肉の順番です。

 

良質な油オメガ3でやせ効果が期待できる

伊達友美さんが推奨している良質な油。いわゆるオメガ3脂肪酸の油です。最近は、えごま油や亜麻仁油に多くのオメガ3が含まれていることもよく知られるようになりましたよね。おかげさまで、通販でないとなかなか買えなかったこれらの油も、スーパーで見かけるようになりました。

ただし、えごま油や亜麻仁油を購入する際には、『遮光瓶である』などの点も考慮して選ぶとよいですよ⇒エゴマ油やアマニ油の選び方や体への効果

ひるたつでは、お刺身にEPA、DHAと呼ばれるオメガ3脂肪酸が含まれていて、普通に一人前食べれば充分だとお話されていました。

オメガ3を含む食べ物で食べやすいのがくるみ。オメガ3脂肪酸に含まれるαーリノレン酸(アルファーリノレン酸)という成分がくるみにはあるんですね。

これも脂肪燃焼効果があるため、痩せやすい体になるのにオススメされていましたね。

ナッツ類はなんでも良いかと思っていたら、そうでもなくアーモンドには、オメガ3脂肪酸は含まれていないとのこと。

ただし、アーモンドには、脂肪の燃焼を助けるビタミンB2が豊富です。

また、ミックスナッツによく入っているカシューナッツですが、これもマグネシウムやミネラルが多く入っているんですよ。

ほかにもナッツ類は、繊維も多いので便秘解消にも注目されています。

いずれも栄養豊富で食べやすいナッツ類ですが、やはり、カロリーが気になるところです。

とはいっても、食べると満足感は感じやすいので、私は気にせず毎日くるみやアーモンド食べてますけどね。

食べることは美しくなるための「基本」と唱える伊達友美さん。自らのダイエットにも長い時期悩んだ実体験があるからこそ、の説得力がありますね。

(中学まで太ってたので)食べて太るのが怖かった私も、伊達友美さんの「食べる美女肌セラピー」を読んでから、よく食べるようになりましたよ。
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ